読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンション管理人.com

管理人をやりながら、世の中の色々を見ていきたい。

初めてウィキペディアに寄付してみた。ついでにウィキペディアについて考えた。

スポンサーリンク

 

f:id:masaru-masaru-3889:20160908093911j:plain

http://www.ac-illust.com/

2016.09.08

(2016.12.13再編集、加筆・訂正)

 

どうも、おしょぶ~~です^^

昨日なんですけど、調べたい人物が居てウィキペディアで確認しようとしたら、画面全面が、真面目っぽい文章で埋め尽くされました。

ウィキペディアが寄付で運営されていると知らなかった】

まぁ、これでほとんどの人は分かると思うのですが、最近PCと格闘し始めたわたしはちょっとびっくりしたんですね。

 

よく読んでみると、ウィキペディアは世界のみんなの寄付で運営してる…云々

最終的には寄付のお願いでした。

 

で、ついでだからウィキペディアの事も勉強しました。

ウィキペディアの事をウィキペディアで調べた^^】

まー詳しく書いていたわ。まぁ、当たり前だよね。

自分の事を自分で書いているわけですから。

引用はしません。内容多すぎで、頭痛いわ!

f:id:masaru-masaru-3889:20160908100134j:plain

http://www.ac-illust.com/

要約すると、ウィキペディアは個人と団体の寄付で賄われていて広告はいっさい載せていない。世界の誰もが編集に参加できる。かなりの言語数で展開されていて環境の維持には莫大なお金がかかる。

最近は、ウィキペディアの位置づけも向上して公共のサイトにも、ウィキペディアからの引用が多く見られるようになっているが、専門家の査読がなく信頼性が高いとは言い切れない。

※この赤字にした部分はよく理解の上で、使った方がいいですね。

例えば、政治的な背景があるものなら一定方向の考え方の人ばかりが数にものを言わせて編集する事が可能です。

ウィキペディアに寄付する事にした】

今回の寄付の目標金額が達成されると、今後1年間滞りなくウィキペディアが運用されるとの事。つまり、年1回寄付を募っているのかな?

 

まだ、ブログも始めて半年も経っていないので続けてみるつもりだから、無知が服を着て歩いているみたいなわたし(笑)は調べ物がいっぱいあるはず。

心置きなく、ウィキペディアを使わせて頂くので、寄付する事にした。

f:id:masaru-masaru-3889:20160908102239j:plain

http://www.ac-illust.com/

と、言ってもわたしは今ワーキングプアの立場だから

最低金額で許してもらう^^;

【最近は寄付もクレジット!昭和のおっさんびっくり】

f:id:masaru-masaru-3889:20160908103434j:plain

f:id:masaru-masaru-3889:20160908103649j:plain

【お礼と領収書がメールで来たよ】

○○○○様

ウィキメディア財団に¥ 700の寄附をお寄せ頂き、ありがとうございました。ウィキメディア財団非営利組織で、ウィキペディアをはじめ、その他の自由な知識を無料で提供するプロジェクトをサポートしています。私たちの使命は、世界中で最もアクセスできる包括的で自由な知識の源を構築することです。

知識は基本的な人権であると私たちは考えています。人類がデジタルの未来に突入していることから、私たちには、オンラインで知識にアクセスするための、オープンで、アクセス可能で、公開されたスペースが必要です。ウィキメディアこそがそのスペースなのです。ウィキメディアは、地球上の何百もの言語で、人々により、人々に対して自由な知識をお届けしているのです。

年間を通じ、南極大陸を含めあらゆる大陸の人々がウィキペディアの編集に参加し、閲覧しています。およそ5億人の人々が、文化遺産の保護から、癌検知の改善、また宿題のリサーチまで、あらゆることを求めて、毎月ウィキペディアで調べています。皆、学ぶことが目的なのです。ウィキペディアを読み、発見するのです。

誰もが「ウィキペディアン」になれます。ウィキペディアで探しているものが見つからなければ、それは自分で作成できます自身で作成。様々な記事、言葉、画像、データは、知識を世界中で共有しようとする様々なボランティア達のコミュニティによって作成されているのです。

私たちはいつも、どうすれば自分たちのインパクトを高められるかを考え、明日のウィキペディアと姉妹プロジェクトが、今日よりもより正確で、情報豊かで、アクセス可能になるよう努力しています。皆様からのご寄附がそれを助けてくれるのです。

私たちがさらにもう一年成長し皆に良い影響力となるようご協力くださりありがとうございます。

ウィキメディア財団

 ウィキペディアからのメール引用

【まとめ】

このわたしの記事はウィキペディアに寄付しましょう!って記事ではありませんからね。興味のない人・したくない人はしないで良いのです。

 

ある意味、向こうが勝手にこう言うの作って運用するのにお金がいるから寄付してくれませんか?って話だからね。

 

わたしは趣旨に賛同したから寄付したけど、賛同出来ないのも一つのちゃんとした見識だから。

 

賛同するけど、ちゃっかり無料で使います~^^

も、もちろん有りです!

 

とにかく、世の中知らない事だらけだ!^^;

今日はここまで!

 

ウィキペディアをもっと活用したい方は↓

Wikipedia ウィキペディア 完全活用ガイド

Wikipedia ウィキペディア 完全活用ガイド

 

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□   

『とにかく早い者勝ちっ!』     

ドメイン取るならお名前.com  

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2NI006+BIDPTE+50+2HEVMR    □□□□□□□□□□□□□□□□□