読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンション管理人.com

管理人をやりながら、世の中の色々を見ていきたい。

交通事故で死なないで!死なせないで!

スポンサーリンク

「まじか~トランプか~^^;」

f:id:masaru-masaru-3889:20161109105512j:plain

2016.11.09

 

どうも、おしょぶ~です。

わたし今、はてなのブログを100程読者登録して読ませて頂いております。

ま~勉強になるわ^^そんなブログの中で素敵なブログがあります。

www.k-4design.com

「ココッチィ」はお洒落で、ウイットに富んだ文章運びが特徴のセンス溢れるブログです。ブログ主はricoさん、突然現れたブログ美人です!

毎回楽しく読ませて頂いていて、実はricoさんのもちろん大ファンなのですがたまに登場するご主人のスケさんが、わたしお気に入りなのです。

 

「痩せなきゃ」と言いながら、ポテチとコーラを大人食い大人飲み(笑)したかと思えば一週間水だけで過ごしたり…と、またスケさんの発言・行動にricoさんが突っ込みを入れるのですが上級です(笑)

 

ただ、この添付している記事が笑えない。しばらく記事のUPがないな~とは思っていたのですが、なんとスケさんが交通事故に遭ったと!

結果は大きな事故だったが、命は助かったと…だからこの記事もかけるけど…

【交通事故死の現状】

2015年の交通事故死者数は、4,117人で15年ぶりに増加に転じています。

増加と言っても微増です。この14年間は関係者の努力で減り続けていました。

 

こう言うところが、日本てすごいと思うのです。筆者の若い頃は、「交通戦争」と言う言葉がありました。交通事故死者が1万6,000人を超えていたからです。交通事故死を減らすと言っても啓蒙活動だけでは減りません。原チャリを2段階右折にしてみたりの道交法改正や各自動車メーカーの安全対策に対する商品力の向上、医療現場救急救命力向上などまだまだあるでしょうが、各方面の努力の賜物なんですね。

f:id:masaru-masaru-3889:20161109121050j:plain

 

ただ、政府が第9次交通安全基本計画で掲げた目標は2015年までに交通事故死者3,000人以下ですから、1,000人以上目標より多いわけで、もう一回気合を入れての取り組みがいりますね。

【交通事故死辛い思い出がある】

筆者は若い頃、情報出版の会社で営業マンをしておりました。その時代に交通事故で辛い思い出が2件あります。総務の女の子が2人で北海道に旅行に行く計画をたてて、向こうでレンタカーを借りてまっすぐな道を走る!なんて言っているのを微笑ましく聞いていましたが、その道で交通事故を起こしてしまいました。

 

一人は即死、一人は危篤状態で何日か頑張りましたが亡くなってしまいました。

総務の子だったので、細かい事でよくお世話になっていたので思い入れもあり、大変衝撃を受けたのを覚えています。二人とも20代前半です。

 

制作と言う部署がありまして、わたしが受注した広告の原稿を作成してもらいます。同じ神戸支社で同期の女の子で、よく飲みに行ったものです。ある土曜日、わたし一人が休日出勤しておりましたら、電話がなりその女の子の弟さんの交通事故の知らせでした。まだ大学生です。原チャリを運転していて、曲がる市バスに巻き込まれ亡くなりました。

 

お通夜に駆けつけましたが、お母様は一時的ですが少しおかしくなっていて、笑顔で私を迎え、弟さんの遺体を見せながらずっととめどなくしゃべっていました。

どなたが亡くなっても辛いものですが、若いお子さんを亡くされた親御さんは見ていられませんね。

f:id:masaru-masaru-3889:20161109124122j:plain

【ちょっとした注意の積み重ね】

どうしても防げなかった!と言う死亡事故はあるとは思いますが、少ないと思います。

まず、事故に遭わない・事故を起こさないが第一ですが、事故でも死なない・死なせないが大切です。

 

事故を起こしてしまっても、保身に走らず迅速な救命活動をする事!

なるべく、ガードレール内側を歩くとか二人で歩く時は死亡率の高い高齢者を内にして歩くとか、体調の悪いときは車を運転しないとか…細かい事は沢山あると思うのです。

 

小さな注意・工夫の積み重ねで死亡事故にまではならないが、生まれます。

【最後に】

スケさん、ホントに助かってよかっったね^^

じゃ、またね^^/