読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンション管理人.com

管理人をやりながら、世の中の色々を見ていきたい。

会社のストレスチェックを受けました。そして思った「これが魔女狩りにならなければいいが…」

よもやま話・ネタ 時事・世相・経済・他注目の話題
スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20161116194108j:plain

http://www.ac-illust.com/

2016.11.16

 

どうも、おしょぶ~です。

基本的に、筆者は性善説を元に暮らしています。とは言っても世の中そうじゃない事が起こったりするもんですね。

想像もしていない組織や人が不正や情報漏洩をして、発覚して驚く事は珍しくありません。

 

筆者はワーキングプアですが、会社はしっかりしています。ですので、福利厚生・研修なども充実しており、やらなければならない事はしっかりやる会社です。

先日、家に直接郵送物が届きました。差出人は「SB AtWork」です。

 

知らないよそんなとこ(ー_-)

ロゴからソフトバンク系とはすぐわかりました。

【SBアットワーク(株)】

事業内容
人事・労務に関わる業務の請負
所在地
〒105-0021 東京都港区東新橋1-9-2 
代表者
代表取締役社長  島上 英治
資本金
90百万円
設立年月日
1999年4月1日
従業員数
133名
決算期
3月
株主
ソフトバンクグループジャパン合同会社 100%
ソフトバンクグループ株式会社100%子会社)

会社HPより

 

人事・労務の請負の会社ですね。ソフトバンクは幅広くやっていますね。

で、下記の文章が入っていました。

f:id:masaru-masaru-3889:20161116144352j:plain

お手元で拡大して見て下さい。

【ストレスチェック】

ストレスチェックの存在は知っていましたが、受けるのは初めてです。

説明を読むと「メンタルヘルスケアの一環として、労働安全衛生法に定めるストレスチェックを実施いたします」とあります。

労働安全衛生法

本法は、労働基準法と相まって、労働災害の防止のための危害防止基準の確立、責任体制の明確化及び自主的活動の促進の措置を講ずる等その防止に関する総合的計画的な対策を推進することにより職場における労働者の安全と健康を確保するとともに、快適な職場環境の形成と促進を目的とする法律である

 ウィキペディアより

なるほど…電通にも読ませないと。

ストレスチェック制度
働く人たちに対し、心理的な負担の程度を確かめる検査とその結果に応じた面接指導などの対応を行う制度。2014年6月の労働安全衛生法の改正により、従業員50人以上の事業所を対象に、15年12月から義務付けられることとなった。
従業員は自身のストレス状態を、事業者側は組織的なストレス傾向を把握することで、職場の環境改善やメンタルヘルス不調の予防へとつなげるのが狙い。身体的な健康診断と同じように、少なくとも年1回行われるが、従業員にはチェックを受ける義務はない。
検査を実施するのは事業者ではなく、産業医や外部の専門機関となる。具体的な流れとしては、まず、仕事の状況や心身の状態、上司や同僚らとの人間関係を問う調査票によるストレスチェック検査を行う。次に、検査結果から高ストレス状態にあると判断された従業員は、本人が希望する場合、医師による面接指導を受ける。事業所は、面接結果や、検査の実施者から伝えられた部署ごと(10人以上)のリスクの傾向を受け、必要に応じて職場環境改善のための対策を取る。
検査結果は、受けた本人にのみ通知され、本人の同意がなければ、事業者側に伝えられることはない。高ストレス状態にあり、医師による面接が必要という結果が出ても、本人からの申し出がなければ、事業者側には分からない仕組みとなっている。また、改正労働安全衛生法では、事業者側は、面接の申し出をした従業員に対し、不利益な扱いをしてはならない、と定められている。
ストレスチェック制度の義務化には、過度のストレスによる、うつ病などのメンタルヘルス不調が社会問題化しているという背景がある。厚生労働省が10年に発表した推計によると、自殺やうつ病による社会的損失額は年間約2兆7000億円に上る。精神障害による労災請求件数も年々増加していることもあり、職場でのメンタルヘルス対策強化が求められることとなった。

コトバンクより

f:id:masaru-masaru-3889:20161114142520j:plain

http://www.ac-illust.com/

ちょっと気になるところを赤字にしました。

2015年12月から義務化、なるほど筆者が受けていないはずです。介護離職をしていましたからね。会社は義務ですから行動を起こさなければいけないが、個人は拒めるようになっているようですね。

 

「面接を希望した従業員に不利益な扱いをしてはならない」まぁ当たり前ですよね。

でも、気になるな…これね、従業員50名ってそんなに大きくないですよね。

10名の部署になると狭い人間関係の世界です。もし面談を申し出たら部署の長や経営者にはリスクが伝えられます。本当に法の趣旨通り対応してくれますか?

 

よくリストラでも、何も仕事を与えない部署に転勤させたりして、法令に触れない追い込みなどが、話題になっていますが「不利益な扱いはしていません」て言う不利益な方法はいくらでもありそうです。

 

考えすぎかな?後々鬱などを発症しそうな人をあぶりだす為の利用なんて…

 

広義の「魔女狩り」

あるコミュニティ間で、思想的偏見にもとづいて行われる糾弾・排除行為のことを「魔女狩り」と隠喩することがある。たとえば1950年代のアメリカ合衆国で吹き荒れたマッカーシズムの嵐や、1960年~1970年代中華人民共和国で約2千万人が虐殺された文化大革命での騒動もこの意味での「魔女狩り」になる。吊るし上げや総括と似た意味を持つが、より「理不尽さ」の面を強調する時に用いることが多い。

 ウィキペディアより

 

でも、それを恐れて声をあげないと問題が内在化するだけだし、難しいですね。

f:id:masaru-masaru-3889:20161107190653j:plain

http://www.ac-illust.com/

いま、はてなブログで読者登録を100程していまして、勉強の為に読んでいます。

その中に鬱を発症された方のがいくつかありまして、読みましたら自分の理解の無さに驚いたんです。以前からその方々を悪くは思っていなかったのですが、理解出来てない。

 

ちょっと話飛びますね。筆者の若い頃、「怠け者」って会社で目の敵だったんです。

朝起きてこない、見ていてもやる気を感じないとかの人ですね。もちろん話になりません。ただ、時が進んでこんな病気があるよって事を勉強する機会があったんです。

慢性疲労症候群 です。

この時これを知っていたら、「一度専門医にみてもらえば?」とか言って、救いようのないサボり人間か、病気の人か区別出来たな~と思うんです。

 

話戻します。で、いま鬱の人やアスペルガーの人のブログは丁寧に読んでいます。

まず、理解しないと自分の考えも纏まらないから、対応の方針も決まらないなんてね…

世の為、人の為的な高尚なものではないです。ただ理解する事が、その方々の利になり結果的に自分の利・社会の利になるかな~と漠然と考えています。

【ストレスチェック受けてみる】

受ける事にします。

f:id:masaru-masaru-3889:20161116161141j:plain

これが設問です。興味のある方は読んでみてください。

さて、結果はどうなりますか?

結果の通知は10週間後との事ですので、またこのブログで公開報告を考えております。

 

企業の経営者の皆様。

法の趣旨に則った運営をくれぐれもお願いして終わります。

またね^^/