読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンション管理人.com

管理人をやりながら、世の中の色々を見ていきたい。

映画「ビリギャル」を見ました。元気になるよ!受験生はこれを見て、マインドを上げていこう!!

書評・映画・ドラマ・アニメ Amazon
スポンサーリンク

2017.01.17

2017.02.17再更新

 

実力伯仲なら、戦いのその日に「熱い」方の勝ちです!

 

どうも、おしょぶ~^^/です。

受験本番突入中ですね^^;大変だわ。まぁ、悔いのないように戦って頂きたいですね。体調管理をしっかりしてマインドを上げて「普段の実力が出せる」と言う事が肝心です。

 

もうね、勉強は散々して来たと思う。まだ追い込みでとお考えの方も多いだろうが、今の実力を出し切る事にも目を向けて下さいね^^

【2時間ほど映画を見ませんか?】

貴重な時間とは承知していますが、2時間ほど映画を見ませんか?

昨年末からAmazonプライムに入会したので、お正月は見た見た映画!(笑)

勝手に「トムクルーズ祭り」を開催したり、普段は縁のないアニメ作品も見たりしました。沢山面白いのがあったけど、この「ビリギャル」は大変元気の出る作品です。

受験生の方にはぜひ見てもらいたい作品です。


映画「ビリギャル」予告

【本当にあった話】

※ネタバレが含まれております。

この映画は実話を元に制作されています。主人公はエスカレター式の高校生の女の子で、学業は残念ながらクラスでビリ^^;なのでまさに「ビリギャル」です。

偏差値は30で、カリスマ塾講師坪田先生に会うまでなんと、東西南北も分からない女の子でした。名前は「さやか」。

 

家庭環境自体は複雑と言うわけではありませんが、父親が一人息子に自分の若い頃の夢である、野球ドリームを異常に押し付け教育して行く過程で家族がおかしくなっていきますが、それはまだ先の話です。

 

さやかは小学校時代に、友人が出来ずにいじめられる側の生徒でした。転校もしたのですが、その先でもやっぱり浮いた存在です。母の勧めで中学からはエスカレーター式で大学まで行ける私学に入学しました。

母はいじめで心を病むさやかに言いました。「さやかの好きな事だけして学生時代を過ごしなさい」と…

 

私学の中学受験に対して知識がないので、分からないのですがこの時点で私学に受かると言う事は、少なくとも地頭は悪くなかったのでしょう。

まぁ、素直と言うか楽しい友人達に恵まれた事もあり、そのまま好きな事をして過ごしたら高校2年では、成績最低クラスまで落ちていました。

f:id:masaru-masaru-3889:20170117112453j:plain

http://www.ac-illust.com/

スポンサーリンク

 

いや~^^よく遊ぶ。スカートがどんどん短くなり、キャバクラのお姉さん並みにお化粧して、プリクラ三昧・ディスコクラブに通い、先生の生活指導から逃げ回って朝帰りの日々でございます。俺もそんなんしたい!(笑)

 

その楽しい日々に事件勃発です。先生がさやかのカバンをひっくり返すと、たばこが出てきてしまいました。「あちゃー><」

ここで、大人のやらしい世界が展開されます。校長は言います。「このままなら退学処分だが、一緒にたばこを吸っている仲間の名前を言えば助けてやると」…

 

しかし、さやかは言いません。ここは筆者なりの解釈ですが、小学校のころ友人が出来ずに浮いていたさやかを、両手を広げて受け入れてくれた友人3人なんですね。

なにより大切だったんだと思います。

 

ここに母親が駆けつけて、校長先生に言うのです。「自分が助かる為に友人の名前を言えと言うのがここの教育ですか?わたしは黙っている娘を誇りに思います。それでしたら退学でけっこうです!」

 

実話を元にと言っても、ある程度はデフォルメされているでしょうが、その分を差し引いても、この母親いけてます!^^

結果無期停学処分となります。

f:id:masaru-masaru-3889:20170117115324j:plain

http://www.ac-illust.com/

無期停学。家で暇しながら妹と会話します。

「おねえちゃん、どうするの?」

「わたしの人生なんてこんなものだよ」なんて、悲しい会話を聞いてお母さんが、今から別の大学の受験を考えなさいと提案します。塾のパンフレットと共に。

 

さて、塾初日坪田先生が見たさやかは、金髪・パンツみたいなデニム・タンクトップのへそ出しだった。最初に放った一言は「ガン見しすぎっしょ!」(笑)

f:id:masaru-masaru-3889:20170117121207j:plain

http://www.ac-illust.com/

スポンサーリンク

 

ごめん。イラスト間違えた。これ俺の好きなキャバクラのおねえさん^^;

 

まぁ、勉強にはちょー向かないスタイルの出会いでした。

で、初日にテストをやるのですが、ここポイントのやり取りがあります。

 

さやか「え~テスト嫌いだな。点数が出て終わりでしょ」

坪田「違うよ。点数が出てからが始まりだよ。出来ないところが分かったら出来るようにすれば、いいだけじゃん」

 

実在の先生ですが、この先生の基本部分が見て取れる良い台詞まわしです。

 

このテスト、さやか0点でした^^;

 

坪田「なんでstrongの和訳がなんで話が長いなの?」

さやか「だってこれ、ストーリーが長いってことでしょ?」

 

なんて会話が続くのですが、ここでも先生が褒めるのです。

坪田「全問不正解だけど、解答欄をすべて埋めているのがすばらしい」

さやか「だって当たればラッキーじゃん」

坪田「その積極性が…」

 

この後幾多の困難に立ちふさがれ、逃げ出したりもするさやかですが坪田のさやかを一人の可能性ある若者として認め支える姿に、さやかが受かるまで遊ぶのをやめると気遣う3人の親友に、夜中まで働いてさやかの塾代を捻出する母の後ろ姿に突き動かされて、慶応を受験します。

まぁ、ネタバレはここまでにしておきます。

「元気でるよ-!!^^」

※書いてあるストーリーや台詞は正確なものではありません。ぜひご自分でお確かめください。

※ビリギャルはこちらをクリック↓ 

 

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話[文庫特別版] (角川文庫)

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話[文庫特別版] (角川文庫)

 

 

映画 ビリギャル DVD スタンダード・エディション
 

 【おしょぶ~から合格祈願】

f:id:masaru-masaru-3889:20170117124342j:plain

http://www.ac-illust.com/

じゃ、またね^^/