マンション管理人.com

管理人をやりながら、世の中の色々を見ていきたい。

GPS捜査に判決!最高裁大法廷「違法」判断。これからが肝心!

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20170320190423j:plain

https://www.ac-illust.com/

2017.03.21

 

どうも、おしょぶ~^^/です。

いやいや、GPS捜査に対して司法は「NO」を突き付けましたね、ちょっと書いていきますね。事件自体は窃盗事件で、世間をひっくり返すような大事件ではないのですが、今後の警察の捜査の在り方と言う意味では、大きな事案です。

◆強制捜査か任意捜査か?

3月15日に最高裁大法廷は、令状をとらないGPS捜査に違法の判断を下しました。

今回は窃盗事件の捜査についてだったのですが、今まで警察内部の運用として令状なしでのGPS捜査は行われていたものと思われます。

 

つまり警察の考えは、尾行などと同じ「任意捜査」だとの立ち位置ですね。弁護側はプライバシーの侵害を含むので、家宅捜査と同じ「強制捜査」にあたるとの立場です。

 

う~ん。これちょい警察に無理がありますよね^^;警察の判断だけで、誰かの車や持ち物にGPSをつけて、何処に何時に行ったまで特定出来てしまうのは、捜査の為と言え無理がありますね。

f:id:masaru-masaru-3889:20170321162127j:plain

https://www.ac-illust.com/

 

スポンサーリンク

 

◆とは言え警察の立場も理解出来る

もうね、最高裁の決定だから仕方ありません!でもおしょぶ~は警察の立場も理解は出来ます。これだけ色んな犯罪が巧妙化する中で、捜査方法だけ昔のままじゃ犯人の特定なんかやりにくくなる一方でしょう。

 

その中でGPS捜査は少人数で犯人の行動が把握出来る、ある意味優秀な方法です。それにこれを令状を見せて「あなたの車にいまからGPSを付けます」と言ってつけてですよ、誰がその車で移動します?^^;まったく意味なし!

◆小法廷から大法廷へ回付された意味

この事案最高裁の小法廷から大法廷に回付されました。こう言う場合、ほぼ法律に対してや憲法に対してどうなのか?司法がはっきり判断を下す事が多いです。

大法廷は最高裁判所長官を含め15人の裁判官全員で構成されますが、小法廷は5人です。つまり司法として重要な場合大法廷と理解して問題ないと思います。

 

たまに新聞なんかをみておりましたら、何々については司法判断下さずなんて書いてあるでしょ!あれは小法廷が多いです(例外あり)

 

◆裁判官15人全員一致の意味

15人ですが、ある方向に9人の賛成が得られれば判断を下せます。

が、今回は全員GPSでの捜査で警察の恣意的な運用を「適法」とした裁判官は一人もいませんでした。つまり、検察の完敗中の完敗!^^;

 

これね、判決でも言及されていますが今の法律で勝手にやるのは無理があるから、新法をつくりなさいと言う事です。

 

だから、こう言う条件がそろえば警察の判断だけでGPSをつけても良いですよ!って法律をつくれって事です。国会でちゃんと審議して国民の代表の議員さんの多数決で賛成を得て、法律が成立すれば適法な操作手法として堂々とやればいいのです。

f:id:masaru-masaru-3889:20170321205722j:plain

https://www.ac-illust.com/

通信傍受法ってありますよね。あれと同じで、GPSをつけれる条件をはっきりさせて、適法の立場で捜査するのがいいですよ。警察の感覚だけで、秘密運用なんて今の時代に合っていません!^^;

 

違法なやり方で、違法な事をする奴を捕まえても両方とも違法な事をする奴です!

じゃ、またね^^/