読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンション管理人.com

管理人をやりながら、世の中の色々を見ていきたい。

PTA会長が犯人!?逮捕の衝撃!千葉女児殺害事件について

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20170414140556j:plain

https://www.ac-illust.com/

2017.04.14

 

この手の事件の記事を今まで書いた事はありませんが、自分にとってもかなり衝撃をうけましたので、おふざけ無しで真剣に書きたいと思います。

3月26日に松戸市の小学3年生でベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンちゃん(9)の遺体が見つかった事件の続報です。

 

◆同じ学校のPTA会長逮捕とは…

ちょっと自分もこのニュースに触れ、正直「怖い」と思いましたね。

今の段階ではあくまで容疑者ですので、気を付けて書いて行きたいですが警察は本日被害者の女の子の自宅から500㍍も離れていない、近所の40代の男を死体遺棄の容疑で逮捕しました。

この男が女の子が通う小学校のPTA会長(松戸市立六実第二小学校の保護者会「二小会」の会長)だった事がマスコミに流れ、多くの方が衝撃を受けています。

◆子を持つ親からすれば、この事件は特別怖い

筆者は子供がいませんが、それでも親戚の小さい子供はかわいく思いますし、感情移入もあります。本当の親の皆さんは、事件自体衝撃的な事案ですが逮捕された容疑者が「近所の人間」であった事、そして同じ学校の「PTA会長」であった事で二重の衝撃を受けられたと思います。

 

別にPTA会長だから人格者だとか、子供思いだとかは決まっているわけではないですが、なんとなく親御さん達も「信用できる人物」の一人に入れるのではないでしょうか?こう言う事件が起きると少子化の中、親が働きながらでもやっていけるように、地域が子育てをすると言う議論がありますが、マインド的に縮小してしまいますね。

 

スポンサーリンク

 

◆見守り活動を利用?

重ねて書いておきます。もう実名報道もされていますが、容疑者で容疑否認中です。

さて、警察の読み通りこの人物が犯人であれば、いかに怖い事かに触れたいです。

 

この男はPTA会長であり、見守り隊の活動もしていました。見守り活動と言うのは、通学路にある程度の感覚を置いて、大人が立って通学児童が事故・事件に巻き込まれないように、まさに「見守る」活動です。これは、保護者に限らず地域の人がボランティアでしている例もあります。男は見守りだけでなく、事件後の今月初旬のパトロール活動にも参加しています。

 

リンちゃんは事件当日、修了式に出るため家を出ています。学校に着く前に行方不明になったわけですが、家を出た時には防犯カメラに映っていますが、900㍍先の防犯カメラには映っていません。

寄り道がなかったと仮定すれば、通学路上での犯行で通学路に「見守り隊」の人物がいても不自然ではなく、逆に安心感さへ持つと言う状況が本当に怖いですね。

◆自分にも子供がいるのになぜ?

動機の解明ももちろん今からなんですが、PTA会長と言う事は自分の子供もこの学校に通っていると言う事です。

こう言う犯罪を犯す段階で、もうおかしくなっているのかもしれませんが、自分の子供が通っている同じ学校での犯行はとても考えにくいですね。

 

亡くなったリンちゃんのご家族は、この事はあまり公にはなってほしくないでしょうが、大変重要な部分ですでに報道されているので書かせて頂きます。

リンちゃんの遺体は、服を着ていない状態で発見されています。今日の一連の報道では、遺体の近くにある遺留物から採取したDNAが容疑者のDNAと一致したのが逮捕の決め手です。

 

と、言うことは「そう言う事件」と言う事です。ですから、身代金とかと言う事案ではなく、その手の衝動・欲求が抑えれなかったための事件と考えれば、自分の子供が通う学校周りでもしてしまうのかな?とおもいます。

◆容疑者の子供も心配

この容疑者に世間の非難が行くのは当たり前です。ただ、子供は何も関係ないのでマスコミやでばがめ的な人の目から守る必要があると思います。

もうすでに報道が煽りぎみになりつつあります。始業式では、容疑者が代表で挨拶をしていましたが、その挨拶とやった事へのギャップなども今後、面白おかしく報道するところも出て来るでしょう。いつもの事で、報道の自由を盾に止められませんが、周りの大人は子供だけは守って欲しいですね。

 

リンちゃんは日本が大好きだったと報道されています。その日本で本来信頼すべき人物に殺害されたことは、外国人から見た日本社会と言う問題にもなるかもしれません。

残念ですがリンちゃんは帰ってこないので、とにかく全容解明再発防止しかありません。