おしょぶ~の~と

旧ブログ名「マンション管理人.com」2017.08改名

老後資金はいくら必要か?本当のところをシュミレーションしてみよう!(定義は65歳時点での貯金)

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20170423142259j:plain

http://www.ashinari.com/

2017.04.23

 

どうも、おしょぶ~^^/です。

まぁあんまり現実を見つめたくない性格をしています筆者ですが、このブログを見てくれる方が実は若い方が多いので、ここはきっちり書いておこうと思います。

 

よく遊びに来てくれる方は知ってくれておりますが、筆者は介護・高齢問題などのブログも書いています。書く限りにはいろいろ調べたり、勉強したりして書くのですが、高齢者のお困り事は「金絡み」が多いのが現実です。

www.xn--u8j9cuc3a1045az8akz4jtu1c6ej.com

 

◆老後資金とは?

これ別に定義があるわけではないので、この記事内の考え方に関してのみと言う条件でわたしが決めます(笑)ここで言う老後資金は、65歳時点で65歳~人生の終着駅に着くまでに、社会通念上の普通の生活を送っていくのに、どれぐらい貯金があればいいか?とさせて頂きます^^

 

まぁこう決めても、社会通念上の普通の生活に関しても各人感覚が違うわけで、難しいですが、そこは各人で感覚の調整をして頂ければと思います。

 

65歳と言う年齢にしたのは、現状企業の定年退職の規定の多くは60歳ですが、嘱託や第2の仕事ライフとして65歳までは収入は落ちるものの働いている現状があるからです。

また、年金などの公共の制度も65歳スタートとなっているからです。

 

さて、お若いみなさんは今の定義でイメージわきますか?いくらいるのか。

◆今の高齢者の現状

f:id:masaru-masaru-3889:20170417144329j:plain

https://www.ac-illust.com/

スポンサーリンク

 

いま高齢者行政を勉強していますと、嫌な言葉に多く当たります。その多い中で今回の記事に関係する言葉をふたつ紹介しますね。「老後破綻」「長生きリスク」です。悲しくなりますね^^;

 

厚生労働省が行う「国民生活基礎調査」でも、2015年の高齢者の生活意識では「生活が大変苦しい」26.4%「生活がやや苦しい」31.6%で合計58%満足に暮らせていません。

まぁこれも感覚の問題はありますよ。例えば、おしょぶ~が老後三度の食事は出来ているけど晩酌は我慢していれば、調査のとき「生活が大変苦しい」に丸を入れる(笑)

 

上記は冗談ですが、ポイントは読者様が思う老後の普通の生活レベルを、少し考えながら以降読んでいってほしいです^^

◆世間の情報は参考程度に

週刊誌でもネットでも、老後はこれだけいるけど?大丈夫か!みたいな記事がいっぱいありますが、あまり煽り記事に躍らせられないようにして下さいね。

 

酷いものになると老後貯金は3億円ないとやっていけない!とかありますが、それが本当なら日本人はとうに破綻しています(笑)まぁそこから、何かの投資のビジネスの広告につながっている場合もありますので要注意ですよ^^;

 

結論から言うと、若い方は今からちゃんとやれば十分対応が可能ですから、心配し過ぎのないように、でも楽観はダメですよ!と言うところです(笑)

◆冷静に数字を見てみましょう

f:id:masaru-masaru-3889:20170410122941j:plain

https://www.ac-illust.com/

スポンサーリンク

 

数字は2016年の総務省の「家計調査」からです。

65歳以上の夫婦世帯での月間平均支出は263,000円、平均収入は212,000円です。単身世帯は月間平均支出は156,000円、平均収入は123,000円です。

※収入に関してはどちらも、年金が90%以上です。

 

うん。笑い事ではないですが見事に赤字ですね^^;

夫婦世帯で毎月51,000円の赤字、単身世帯で33,000円の赤字です。

 

さて、ここからですよ!何歳まで生きるの?って話になります^^

ここから「長生きリスク」なんて嫌な言葉が生まれたわけですが、現実でもあります。

◆まぁ最低1000万円はほしいね

平成27年度版の平均余命表では、65歳の方の平均余命は男性19.46年・女性24.31年です。男女平均は単純計算ですと、21.88年ですが今回の記事は若い方に読んでもらいたいと書いた記事ですので、今後も医学は発展して行くでしょうから、65歳の余命を男女平均25年で仮定して計算しましょう。

 

ここからは簡単ですね。夫婦世帯は赤字が5.1万円ですから1530万円、単身世帯は3.3万円ですから990万円となります。

まぁ最低一人1000万円は65歳時点で貯金がほしいですね^^

で、いまみんなの貯金の現状はと言うと、この間すごく参考になる記事がUPされていました。

 

cards.hateblo.jp

わたしこのブログは、はてなと言うブログサービスで書かせて頂いてますがそのはてなで超有名なプロブロガーの方が書いている「クレジットカードの読みもの」さんです。

いつもとても役立つ記事をUPしてくれております。

 

まぁ、読んでいただければと思いますが現状単身世帯の半分以上貯金0です!

まぁわたし自身が人の心配をしている場合ではないのですが…^^;

◆あくまで現状計算

f:id:masaru-masaru-3889:20170413110713j:plain

https://www.ac-illust.com/

それでも、若い方なら1000万円は今から追いつけると思うのですが、この計算はあくまで現状の制度上で計算しています。と言うのは、このままこのレベルでは到底持たないからです。

www.xn--u8j9cuc3a1045az8akz4jtu1c6ej.com

この記事は、わたしが最近介護の方で書いた記事です。

さくっと500文字ほどの記事ですから、ちょいと読んでみて下さい(笑)

1965年では、高齢者1人を現役9.1人で支えていました。今回発表された人口推計を見ますと2065年には、高齢者1人を1.2人で支えなければなりません。

まともに考えて、いままのレベルで制度を維持するのは無理です。

 

わたしは介護の勉強をしていて、年金てこうなって行くと予想しています。

年金は無くならないものの、かなりの減額の上支給年齢が75歳からになると…

 

ね!?計算が根底から崩れるでしょ!こうならない為にも、いまの若い方も積極的に社会参加して頂いて、子供を生みたい人が生める社会、移民をどう受け入れるか?受け入れない選択をするなら代案は?なんかを考えてほしい^^

 

さて、おしょぶ~いまから1000万円貯まるかな~^^:

じゃ、またね^^/