マンション管理人.com

管理人をやりながら、世の中の色々を見ていきたい。

婚活、ビックデータでお相手紹介!ここまで来ている「官製婚活」

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20170523104133j:plain

https://www.ac-illust.com/

2017.05.23

 

どうも、おしょぶ~^^/です。

昨日ですね下記の記事を書かせて頂きました。みなさんやはり関心があるようで、直ぐにサイト内2位まで上がって来るほど読んで頂きました。(感謝)

 

osyobu-osyobu-3889.hatenadiary.jp

今日は「愛媛方式」と呼ばれている全国自治体から視察が来るほど有名な、婚活支援事業をご紹介します。昨日の記事を読んで頂いてからの方が、背景など分かりやすいと思いますので、ぜひお読みください(宣伝^^)

 

◆えひめ結婚支援センター

愛媛県松山市にそのセンターはあります。愛媛県が婚活支援事業を委託しておりまして、大変成果が上がっており、いま注目されているんですね。

その成果の最大の要因はビッグデータの利用です。

●ビッグデータとは?

ビッグデータ (英 big data)とは、市販されているデータベース管理ツールや従来のデータ処理アプリケーションで処理することが困難なほど巨大で複雑なデータ集合の集積物を表す用語である。その技術的な課題には収集、取捨選択、保管、検索、共有、転送、解析、可視化が含まれる。大規模データ集合の傾向をつかむことは、関連データの1集合の分析から得られる付加的情報を、別の同じデータ量を持つ小規模データ集合と比較することにより行われ、「ビジネスの傾向の発見、研究の品質決定、疾病予防、 法的引用のリンク 、犯罪防止、リアルタイムの道路交通状況判断」との相関の発見が可能になる。

 Wikipedia

センターでは2015年3月より身長や学歴などの情報を登録する会員制のお見合いシステムに、ビックデータを活用し始めました。婚活イベントやお見合いの申し込み状況、システムの閲覧履歴などの「婚活履歴」情報から、会員の好みなどを分析して、おすすめの相手を選び出すシステムとなりました。

f:id:masaru-masaru-3889:20170523111204j:plain

https://www.ac-illust.com/

スポンサーリンク

 

◆会ってもらえる確率急上昇

ビックデータを活用した結果、お見合いを申し込んだ時に会ってもらえる確率が、13%➡29%に上昇しました。

 

すごい成果ですね^^

2015~2016年度で合計228組が結婚をしたそうです。

 

まだ進化中でして、今年の5月からは10秒の音声付動画もシステムにUP出来るようになっています。ちょっとした、しぐさから人となりが見える事ってありますからね^^

 

もうひとつのセンターの強みが、出会ったカップルの相談に乗るフォロー役のボランティア240人の存在です。50~60代の主婦が中心に相談に乗っています。

「ビックデータ+ボランティア」この機能が「愛媛方式」と呼ばれています。

◆ある程度の規模は必要か?

各自治体から視察に来ていると言うことなので、あなたの街にも出来るかもしれませんね^^と言う記事の〆文句を頭において書いていましたが、松山と言えば愛媛の県庁所在地ですね。

 

人口も四国で一番多い市ですから、けっこうな婚活規模だと思います。やっぱりデータはある程度の量があってこそ!と思うので小さな自治体はきついかもしれませんね。

まぁ、今回調べて松山と言えば、「坊ちゃん」「道後温泉」ぐらいのイメージでしたが、自治体しっかりしていますね(すばらしい^^)

 

「官製婚活」はここまで来ていると言うお話でした。

じゃ、またね^^/