マンション管理人.com

管理人をやりながら、世の中の色々を見ていきたい。

がん、ゲノム医療最前線!情報の蓄積と専門医育成がカギ!!

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20170606184655j:plain

https://www.ac-illust.com/

2017.06.06

 

どうも、おしょぶ~^^/です。

健康で長生き、周りに迷惑をかけないでピンピンころり(爆)これが、なかなか難しいのです^^;

 

「平成27年(2015)人口動態統計(確定数)」によると、日本人の死亡原因の1位は「悪性新生物(ガン)」、2位が「心疾患(心臓)」、3位が「肺炎」、4位が「脳血管疾患」、5位が「老衰」となっています。

 

若い世代では、自殺が1位になっている重大な事実がありますが、今回は全体の1位であるがんに焦点をあてて、話を進めさせて頂きます。

◆ゲノム医療が注目されている

まず、がんの基本的な事なのですが、がんは正常な細胞の遺伝子が変異して増殖が止まらなくなり発症します。

 

がんの部位は例え一緒でも、各人の原因の変異は違うため薬の効果の出方も変わってきます。ゲノム(全遺伝情報)を調べて適した治療法を選ぶ、最先端の「がんゲノム医療」が注目されています。

 

また、正常な細胞とがん細胞の遺伝子を比べれば、原因の変異を特定出来る他に予後の予測にもつながる可能性があります。さらに、発症前でも遺伝性のがんになるリスクが確かめられます。

f:id:masaru-masaru-3889:20170606191402j:plain

https://www.ac-illust.com/

スポンサーリンク

 

 

◆厚生労働省が本腰

厚生労働省の「がんゲノム医療」の全国展開に向けた、実行計画案は既に公になっています。本年度、先行して7か所の中核病院を指定し、さらに2年以内に実施病院をさらに増やし、近い将来全都道府県での実施を目標としています。

 

現実の話をしますと、やはり欧米に後れをとっているんですね^^;

日本はまだ、臓器別治療が主流なのです。胃ならこの治療みたいなね…

 

目指すは、原因となる遺伝子の変異を調べ、最適な薬や治療法を選択する事です。

病気の原因に、直接対処することで治療効果の向上を狙っています。

がん治療の在り方を根本的に変える可能性があります!

 

◆最新検査機器の導入

計画では、100種類以上の遺伝子変異を一度に調べる検査機器を、優先的に薬事承認して開発をバックアップして、現場での検査を早期に可能にするとしています。

また、この検査には保険適応を考えており、患者の負担軽減を狙います。

 

究極の個人情報ですから、情報管理センターも新設が必要と思われます。

現状、全遺伝情報を解読してもそれに対応するクスリが少ない、現実もあります。

f:id:masaru-masaru-3889:20170606193931j:plain

https://www.ac-illust.com/

◆なにより人材育成

欧米に比べて、一番遅れているのが態勢整備です。

全国展開には、遺伝子情報を読み解く医師・専門技術技師・患者に適切な説明が出来るカウンターの育成が最大の課題となります。

 

また、治療を通じて患者の遺伝子情報を蓄積していかねばなりません。

その積み重ねが、新薬・新治療法を生みます。

 

これは、おしょぶ~が個人的に感じるんですが、人によっては神の領域に入ってしまうと言う、宗教的感覚・人生哲学面の折り合いも課題かなと思います。

個人的には、この流れ注目して行きたいと思います^^

 

じゃ、またね^^/