おしょぶ~の~と

旧ブログ名「マンション管理人.com」2017.08改名

強毒ヒアリ日本に定着の可能性高まる!やっぱり神戸以外にもいた><

スポンサーリンク

2017.07.6

 

osyobu-osyobu-3889.hatenadiary.jp

どうも、おしょぶ~^^/です。 

ちょっと笑いごとではありません。「ヒアリ」…

 

6月22日に上記の記事を書かせて頂きました。多くの方に読んで頂き感謝なのですが、その中で4つの軽視できない点の一つとして、「本当の危機はこれからかもしれない」と言う内容でブログを〆ているのですが…現実に><

f:id:masaru-masaru-3889:20170705080950p:plain

環境省HPより

◆愛知と大阪でも確認される

国土交通省は神戸港からヒアリが見つかった事を受けて、全国の主要港湾125か所を調査するように、管理自治体に要請していました。

 

そしてやっぱりと言うか、大阪市の南港で「ヒアリ」が見つかりました。これで国内での発見は4件目となります。兵庫県尼崎市・神戸市・愛知県弥富市・大阪市ですが、尼崎市ヒアリは神戸から運ばれたコンテナから見つかりましたので、上陸経路としては、神戸・弥富・大阪の3か所と理解して良いと思います。

 

おしょぶ~は上の記事で素人感覚ながら、「セアカゴケグモ」の件を出して一度入れていまえば、100%完全駆除は難しいのでは?…と問題視して書かせて頂いたのですが、嫌な予感があたりました。(ガク)

f:id:masaru-masaru-3889:20170705082405p:plain

 Wikipedia

スポンサーリンク

 

◆女王アリが見つかった

今回の発見でさらに心配する事実があります。そう!「女王アリ」が初めて見つかっているのです。みなさんもお分かりの通り、繁殖の可能性が高まったと言うことです。

これはヒアリの生態的特徴ですが、ひとつの巣に女王アリが複数いる生態をしています。

 

今回見つかった「女王アリ」は1個体ですが、おしょぶ~はもうどこかに移動しているのではないかと思っています。いや、そう考えて対処するべきですね。

今朝の朝日新聞デジタルに、九州大の村上貴弘准教授(行動生態学)が「日本にヒアリが定着する可能性が高まった」とのコメントを寄せておりました。

 

※追記。この記事を書いた後に発表されていなかった、始めの発見場所である尼崎の詳細がプレスリリースされました。なんと、ヒアリ500匹で女王アリも含まれていたと言う事で、実際には各報道より早く女王アリも確認されていました。これ、もっと早く公表するべきだったと思います。

 

◆再確認!強毒です

前回の記事にも書きましたが、再確認します。ヒアリの毒はすごい「強毒」です。

子供って、アリ…触ってしまいますよね^^;(それがカワイイけどね)

 

「セアカゴケグモ」の時とは比べ物になりません!読者様の中には、小さなかわいいお子さんがおられる方が、多くいると思います。こうなると、全国どこにヒアリがいても不思議でないぐらいの対処でお願いします。

※前回に記事でも載せましたが、環境省HPよりの引用です。

「アナフィラキシーショック」が怖いですね

f:id:masaru-masaru-3889:20170705083929p:plain

先ほどの村上先生は、ヒアリが数万匹がすむ巣(コロニー)が形成されるのにかかる期間は半年から1年だそうで、新たな女王アリが誕生すれば港湾地域の外にも生息エリアが広がると可能性を指摘されています。「ヒアリは公園や草地などの開けた環境を好み、住宅地でも注意が必要になる」とのことで、特に抵抗力の弱い子供・高齢者は周りが守ってあげて下さいね。

 

じゃ、またね^^/