おしょぶ~の~と

旧ブログ名「マンション管理人.com」2017.08改名

働き方改革=残業代が減るでは解決の道は遠い。夫に早く帰って来てほしい主婦は40%しかいない!

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20170801142006p:plain

https://www.bstylegroup.co.jp/

2017.08.01 

 

どうも、おしょぶ~^^/です。

一つの問題を解決しようすると、別の問題が出てくると言う事はよくある話です。

いま、せっかく社畜社会(働かされ過ぎ)と言われる問題を解決しようと言う機運が高まってはいますが、実はみんなが望んでいるわけではないよ!と言うお話です。

 

 

◆夫の帰宅時間が早くなる事を希望するか?

今回の調査は、主婦向け人材サービス「ビースタイル」の子会社の「しゅふJOB総研」により、今春プレスリリースされたものです。

調査対象は「夫が主に家計を支える世帯の女性801人」です。

 

質問はストレート^^;

「夫の帰宅時間が早くなる事を希望するか?」です。

f:id:masaru-masaru-3889:20170801144226p:plain

https://www.bstylegroup.co.jp/

「希望する」     40.1%

「どちらとも言えない」40.1%

「希望しない」    19.1%

「無回答」        0.7%

この数字どう見るかは難しいですね。「へ~4割も希望しているんだ」と受け取る方もいるかもしれませんね。

この記事では、「少ない」と言う立ち位置で書いていきます。

◆主婦の本音

年代別では、20~30代は「希望する」が52.1%に上ったが、40代は38.3%・50代以上は34.7%と言う数字になっており、年上世代ほど夫が早く帰宅する事を望んでいないとの結果になっています。お父さん!あんまり早く帰らない方が良いみたいですよ(苦笑)

 

さて、なぜ夫が早く帰って来たらダメなのでしょうか?

ここからは、メンタルの弱いお父さんは読まないで早く寝た方がいいですよ(爆)

f:id:masaru-masaru-3889:20170801155046j:plain

スポンサーリンク

 

 

実はこの調査、フリートークも集めておりますので、それぞれの立場からいくつか抜粋して書き起こしていきますね。

「早い帰宅を希望する主婦」

家族の時間を多く持ちたいから(20代:派遣社員)

体に支障が出やすくなったから、そばにいてとても心配だから(40代:派遣社員)

※こんな事言ってくれたら嬉しいね(*´ω`*)

家事育児をしてほしいから(40代:パート/アルバイト)

お互いの時間のずれは 生活の支障になるから(50代:派遣社員)

役職がつくと残業代がつかない(50代:その他)

※うん。現実的だけど理解できますね('_')

「早い帰宅を希望しない主婦」

家に早く帰って来られても家事をやるわけでもなく私の仕事が増えるばかりだから(40代:パート/アルバイト)

今までが遅い帰宅だったので、今更早く帰って来られると、申し訳ないが邪魔! (50代:派遣社員)

※お父さんの日頃の行いが…^^;

早く帰っても結局家で仕事をするのでならば職場でやった方が残業代も発生するため(40代:その他)

収入が減るのは困るので(40代:パート/アルバイト)

配偶者(50代男性)は、日給制なので、残業なしで土日を休むと、月に15、6万円しか給料が出ないから
 (50代:SOHO/在宅ワーク)

※残業問題の根幹はここですね(*'ω'*)

「どちらとも言えない主婦」

早く帰ってきて欲しいが、給与が減るのも困る(30代:正社員)

正直、残業代をあてにしているが、長時間勤務による健康への影響も不安に感じるため(30代:その他)

※うん。やっぱり収入面(^^;)

帰宅時間が早まるのは好ましいことなのだろうが、逆に家事労働(料理等)が負担になるのではないか?その分パートナーにも家事の分担を求めたい(40代:派遣社員)

※きつい一発!時代だね(*'ω'*)

f:id:masaru-masaru-3889:20170801155213j:plain

スポンサーリンク

 

◆まとめ

もちろん残業代だけが問題ではないですが、大きいですよね。わたしの知人でも、残業代をあるものと想定した年収で、家のローンを組んでいるひとまぁまぁいますからね。

なるほどな~と思ったのが、夫が早く帰るとご飯の用意を早くしないといけない=パートを早く切り上げないといけない=主人も奥さんも収入が減る!

 

あと、ご主人が早く帰る世界が実現するとして、家事・育児の分担やお互いのプライベートの尊重、仕事がなかったらやる事がないなどの無趣味・生きがい不足…

調査とフリートークからいろんな面が見えましたが、やっぱり残業代がなければ生活が苦しいと言う問題を解決しないと、先は見えない気がします。

 

まぁ、逆に経営者から見ると今までより労働時間が短いのに、今までと同じ報酬は出せないと思うでしょうから、残業削減を進める企業には社員が収入が減る分を埋める補助金を出すと言う政策もあるのかな?あ!財源ないね^^;

 

すみません。わたしの頭では提言までは書けません。

じゃ、またね^^/