おしょぶ~の~と

旧ブログ名「マンション管理人.com」2017.08改名

恵方巻を巻くところを女の人が見ていた…「おしょぶ~presents真夜中の雑談室第101夜」^^

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20170730092941j:plain

2017.08.11

 

どうも、おしょぶ~^^/です。

真夜中に雑談を垂れ流す企画(笑)「おしょぶ~presents真夜中の雑談室第101夜」^^です。

やっぱり夏は怪談ですか?^^

おしょの大好きなブログ主様が、怖い話を書いております。

 

はてなブログのダジャレ王子、エノモトさん。

www.enomotoblog.link

ブログ可愛い子ちゃんのにーちさん。

www.nych87.com

楽しくお二人のブログを読ませて頂いたのですが、自分の事で思い出したエピソードがありますので、ご紹介します。

 f:id:masaru-masaru-3889:20170731081935j:plain

スポンサーリンク

 

 

総菜部門で働いていた時の事です。

時期は明日が節分と言う事で、事業部をあげて「恵方巻」を売りまくろうと言う計画でした。おしょぶ~の担当店舗は工場で巻いた恵方巻ではなく、店長が店舗で巻く手作りを販売する企画です。

 

ところがね、これすごい量を巻かないといけないんですね。

部下を終電まで残して手伝ってもらいましたが、残りは結局店長のおしょが徹夜で巻くしかありません。

 

その店舗はある駅ビルのモールに入っていました。通常は終電以降は残れないのですが、特別に届を出して一人厨房で巻きまくっていました。

実はちょっと追い詰められた感じで、仮眠もなく休みなく巻いてぎりぎり間に合うかな~ぐらいな感じです。

 

1時半に守衛さんが最後の巡回に回ってきました。

「おしょぶ~さん、ご苦労さまです(苦笑)大変ですね~」

「いや~まぁやれるだけやりますわ」

「これでわたしは仮眠に入りますので、センサーに気をつけて仕事をして下さいね」

 

これは、守衛さんが仮眠に入るとレーザー光線のセキュリティが入って、届出ている箇所以外誰かが入ったら警報が鳴る仕組みです。

無理を言って残らせてもらっているので、厨房以外動けません。

「大丈夫です。朝まで恵方巻を巻き続けるだけですから、ここから動きませんので」

「そうですか、では!」敬礼(`・ω・´)キリ

 

夜中の3時頃でした。さすがにつかれて「ふ~」と作業をいったん中断して、顔を上げると窓から女の人がのぞいていました。

おしょぶ~はオープンキッチン慣れしているので、見られるのは平気です。

 

疲れて頭が回っていなかったんでしょうね。見ているな~と視線を感じながら、また恵方巻を巻きだしたんですね。無心で巻きながらも「あれ?いま夜中だよな~」とか、ちょっと頭が回って来て、え?

 

もう一度見ると、まだ女の人は見ていました。

で、決定的な事を思い出したんです。

そこ、2階なんです…

「おやすみなさい。良い夢を」