おしょぶ~の~と

旧ブログ名「マンション管理人.com」2017.08改名

今年の元旦が「うるう秒」だったのを知っていましたか!…「おしょぶ~presents真夜中の雑談室第132夜」^^

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20170910200545j:plain

2017.09.11

 

どうも、おしょぶ~^^/です。

真夜中に雑談を垂れ流す企画(笑)「おしょぶ~presents真夜中の雑談室第132夜」^^です。

  

時刻はかつては、地球が一回転するのを一日(24H)としていました。今も、そんな感じで捉えている人が多いと思います。これを「天文時」と言います。

今は実は違って、原子のもつ固有の周波数をもとに時間を定義しています。

これを「原子時」と言います。

 

で、普段使い?の「天文時」と正確に時間を定義する「原子時」にはごくわずかですがズレがあります。このズレが0.9秒以上にならない為に、数年に一度世界一斉に調整します。それが「うるう秒」です。日本時間の元旦か7月1日に実施されます。

 

ちょいと寝る前の雑談にしては、かしこ系(関西では頭の良い人を、「かしこ」と呼んだりします)の話ですが、知っていると「へ~」とか言われますよ(笑)

f:id:masaru-masaru-3889:20170910204735j:plain

スポンサーリンク

 

 

実は「うるう秒」は今回で27回目でした。でね、正直一般生活で数年に一度「1秒」の調整なんて、あっても全く影響がないですよね!

昔はそうだったんです。ところが最近機械(機器)の技術革新がすごいでしょ!そうなると1秒の間に、すごい処理をするわけです。

 

もうみなさんお分かりですね。そうなると「たかが1秒、されど1秒」^^;

もちろん、事前準備で十分対応できるようになっていますが、「もしも」への対応は危機管理として、行わなければならないので昨年の年末~元旦は、現場待機・自宅待機でお酒が飲めないエンジニアが出たでしょう^^;(気の毒)

 

気象庁では、海底地震計のデーター利用を一時停止したりのけっこう大事らしいですよ。マンション管理人なんかをしてるとわからないけど、小難しい仕事をしている人のは、小難しい苦労があるのね(苦笑)

 

日本の標準時を決める、情報通信研究機構の担当者は「時間とは何かを知る良い機会となる」なんて言っていますが…時間て、捉え方によって科学的でもあり・哲学的でもありますからねぇ…おとうさん・おかあさん、お子さんに説明出来ますか?(ふふ)

「おやすみなさい。良い夢を」

※この記事、初め年度を間違えて書いていました。失礼しました。