おしょぶ~の~と

旧ブログ名「マンション管理人.com」2017.08改名

「目が点」「毒を吐く」は新語らしい……「おしょぶ~presents真夜中の雑談室第165夜」^^

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20171013192252j:plain

2017.10.14

 

どうも、おしょぶ~^^/です。

真夜中に雑談を垂れ流す企画(笑)「おしょぶ~presents真夜中の雑談室第165夜」^^です。

 

9月21日にプレスリリースされました「2016年度国語に関する世論調査」では、新しい表現について使用状況を尋ねています。

ただ、おしょぶ~が驚いたのは、この新しい表現と言うのが結構古いんですよね。

問われたのは5つ

「心が折れる」

「目が点になる」

「あさっての方を向く」

「背筋が凍る」

「毒を吐く」

なのですが…みなさん使いますか?おしょぶ~は「あさっての方を向く」以外は全部使いますし、「あさっての方を向く」も相手に使われたても違和感はありませんし、意味もわかります。

 

この5つの表現が新しい表現と言う定義に違和感があるぐらいですが、国語と言う学問の中ではまだ新しい表現と言う事でしょうか?

f:id:masaru-masaru-3889:20171012210930j:plain

スポンサーリンク

 

 

この中で一番浸透しているのが、「目が点になる」なんですがそれでも「使う事がある」と答えた人は46.4%と…半分以上の方が使わないんですね( ゚Д゚)

 

なるほどな~と思ったのが、「目が点になる」を一番使うのが50代(←おしょぶ~)で、69.9%なんです。

文化庁によると、「目が点になる」は1980年代の若者中心に広まった言葉との事で、1980年代はおしょぶ~は17歳~26歳で、正にその時代の若者でした(爆)

 

言葉って、面白いですね~^^

●他の言葉の浸透度も書いておきます。

「目が点になる」46.4%

「心が折れる」43.3%

「背筋が凍る」38.0%

「毒を吐く」28.9%

「あさっての方を向く」28.7%

 

※気になったのが、「心が折れる」を一番使うのが20代で76.2%なのですが、これが言葉のルーツ的な理由なら良いのですが、若者が生きにくい世を表していたら、嫌だな~と思いました。

では「おやすみなさい。良い夢を」