おしょぶ~の~と

旧ブログ名「マンション管理人.com」2017.08改名

はあちゅうさん「#metoo 」をきっかけに、過去の岸勇希さんのハラスメントを告発!

スポンサーリンク

2017.12.17

 

どうも、おしょぶ~^^/です。

ブログ界にも関係ある有名人の、びっくり( ゚Д゚)ニュースが飛び込んでいます。

デリケートな問題なので、ちゃんと書いて行きたいと思います。

 

◆「#MeToo」

本当に偶然なんですが、12月11日に下記の記事を書いたところだったので、驚きました。この記事では世界でセクハラ問題が大変な事になっていて「#MeToo」が85か国170万件に達していると言う記事です。この運動はTwitter上で、自らが受けた性暴力について語り、連帯する「#metoo(私も)」と言うハッシュタグを通して行われています。

 

osyobu-osyobu-3889.hatenadiary.jp

なんで驚いたかと言うと、今回はあちゅうさんが告発に踏み切ったのは、この「#MeToo」の運動に背中を押されてとご本人が言っているからです。

◆登場人物は二人

今回の騒動で、主たる人物は二人…どちらも有名な方です。

●はあちゅう(伊藤 春香)さん

作家でありブロガーでもあります。同じブログ書きでも、わたしなどとは天地ほどの差がございますが…^^;

有名な話は、大学在籍中にブログをはじめて、卒業旅行時に企業からスポンサーを募り、タダで世界一周を実現したというのがあります(すご!)

 

その後、あの電通に入社してコピーライターを務めたり、転職してドクターエステ・コスメ専門サイト「キレナビ」の編集長を務めたりされています。

現在はフリーで、執筆・講演活動を行っています。

lineblog.me

このリツイートは、はあちゅうさん自身がされているので、この取材記事の内容に、文句は無いと言う事だと思います。

スポンサーリンク

 

●岸勇希さん

この方も元電通の方です。て、言うか元はあちゅうさんの上司ですね。

今は独立されて、コミュニケーション・デザイナー、クリエイティブ・ディレクターをされています。

おしょぶ~は、コミュニケーション・デザイナーって何か想像もつかない…苦笑

 

有名な著書がありまして、「コミュニケーションをデザインするための本(2008年、電通出版)」…

 

コミュニケーションをデザインするための本

コミュニケーションをデザインするための本

 

この本でコミュニケーション・デザインという概念を広告業界に提唱して、自らその職種で独立して成功していると言う…優秀な人ですね(すご!) 。なおかつ、世界最大級の広告の祭典「カンヌライオンズ」で金賞を受賞!現在は企業の商品開発や事業デザイン、空間・都市計画、アーティストのプロデュース、ドラマ・テレビ番組の企画までこなしていると言う怪物です。な、だけに残念ですね…

◆最先端の人の頭の中が一番古いのはよくある話

これね、告発の内容をすべてと言うわけでもないでしょうが、ある程度認めてメッセンジャーで謝罪しているので、パワハラ・セクハラがあったんでしょうね。(残念)

●偉くなると、人の痛みが分からなくなる人がいる

わたしは偉くなった事が無いので(苦笑)、経験値で語る事は出来ないのですが、友人・知人で思い当たる人が何人かいます。岸勇希さん程の人でも、その感覚から逃れられなかったと言う事でしょう。でも、わたし長く生きて来て思うのは、最先端な組織の中の人や最先端な人の頭の中が、すごく古いと言うのはよくある事です。

●何をしたのか、何を言ったのか

さて、ハラスメントの内容に少しだけ触れておきましょう。あくまでも、はちゅうさんからの告発内容で、ひょっとしたら細かい部分は相違があるかも知れませんが…

 

もともと、はあちゅうさんは優秀な岸勇希さんに憧れのような気持ちを持っていたと言うことですから、ハラスメントを受けたのはかなりのショックだったと想像出来ますね。

「本社に異動した頃、岸さんから『今すぐ飲みの場所に来い。手ぶらで来るな。可愛い女も一緒に連れてこい。お前みたいな利用価値のない人間には人の紹介くらいしかやれることはない』などと言われるようになりました」
「深夜に『俺の家にこれから来い』とも言われました。当時、私は田町に住んでおり、彼の自宅は浜松町だったので、歩ける距離にありました。突然電話がかかってきて、どこで何をしていようと、寝ていても『今から来られないのか』と言われました。『寝ていました』と言うと、行かないでも許してくれることもありましたが、翌日、『お前はこの会社には向いていない。CDC(岸氏が所属していた部署)にきたら深夜対応も当たり前だぞ』と言われました」

https://www.buzzfeed.com/jp?utm_term=.ukwJNvL3V#.gqomy1Bog

スポンサーリンク

 

まぁ、この辺りは「パワハラ」ですね。

「『俺に気に入られる絶好のチャンスなのに体も使えないわけ? その程度の覚悟でうちの会社入ったの? お前にそれだけの特技あるの? お前の特技が何か言ってみろ』と性的な関係を要求されました。『お前みたいな顔も体もタイプじゃない。胸がない、色気がない。俺のつきあってきた女に比べると、お前の顔面は著しく劣っているが、俺に気に入れられているだけで幸運だと思え』と」
「また当時の彼女とのセックスについて『あいつは下手だからもっとうまい女を紹介しろ。底辺の人間の知り合いは底辺だな。お前もセックス下手なんだろ。彼氏がかわいそうだ』などと言われました」

https://www.buzzfeed.com/jp?utm_term=.ukwJNvL3V#.gqomy1Bog

これは酷いね。若い女の子が言われていると思うと涙でるね。おれの歳ぐらいになると…ここは「セクハラ」ですね。

 

一応お伝えすると、告発内容はもっとあります。上記は一部です。

ただ、あま多くを読んでも気分の良いものではないし、岸勇希さんと言う男がどれほど酷い事を彼女に言ったかは、これで十分伝わるでしょう。

おそらく、一日や二日の話でもなく日常的と言う事でしょうから…女の子に耐えれるものではないでしょう。

◆電通が舞台と言うのが引っ掛かる

●電通

高橋まつりさんの話を出すまでもないですが、今回の舞台が「電通」って言うのが、みなさん引っ掛かりませんか?

やっぱり、あの最先端企業の中は昭和の真ん中辺りで、時間が止まっているんじゃないですかね。これは、昔の話なので改善されていれば良いですが、あそこに娘が務めていると言うご両親の心中は、穏やかではいられないでしょう。

スポンサーリンク

 

●なぜ今なのか?

記事のはじめに、「#metoo(私も)」の事を書きましたけど、この運動自体は2006年から始まっています。では、なぜ告発はいま行われてのでしょう?

 

はあちゅうさんは、こう言っています。はあちゅうさんは当時のことを忘れられずにいたところに、最近岸さんが新たな本を出したことで露出が増え、その苦しさが蘇ってきたと…

 

まぁわたしは心理学にも詳しくないですし、まして心の病気となるとチンプンカンプンですが、これ心の中のフラッシュバックみたいなものではないかと、思うんです。

 

忘れたわけでもなく・許したわけでもなく・もちろん自己完結はしていないけど、自分と言うパーソナリティを守るために心がバランスをとっていて、なんとか過ごしていたけれど、岸さんの露出が増えた事でその思いが顔をだした!そこに「#metoo(私も)」の運動の活発化が引き金を引いたと… 

 

これ、おしょぶ~も含めて世の男性諸君に肝に銘じて頂きたいのは、「やった方」は忘れても「やられた方」はずーと覚えているからね。

ほんと!男は意識改革していかないとね…

 

彼女自身はこの行動で「少しでも世の中が良い方に変わることがあれば」 と言っているので、おしょぶ~自身も今後も他者に対しての「発言」「行動」に気をつけて生きて行きたいと思います。

では、また次回^^/チャオ!

 

スポンサーリンク

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で