おしょぶ~の~と

旧ブログ名「マンション管理人.com」2017.08改名

主語と述語の関係がわからない中高生が増加!これけっこう深刻ですね。

スポンサーリンク

2017.11.30

 

どうも、おしょぶ~^^/です。

ちょっとここで問題です(笑)

 

 

◆読解力調査問題一例

●例題

※以下の文を読みなさい。

幕府は、1639年、ポルトガル人を追放し、大名には沿岸の警備を命じた。

上記の文が表す内容と以下の文が表す内容は同じか。「同じである」「異なる」のうちから答えなさい。

1639年、ポルトガル人は追放され、幕府は大名から沿岸の警備を命じられた。

 

「同じである」 「異なる」

●中高生の回答

もちろん正解は「異なる」ですが、「同じである」を選んだ誤解答率が中学生で約43%・高校生で約28%を占めました。

f:id:masaru-masaru-3889:20171130084813j:plain

イメージイラスト

スポンサーリンク

 

◆社会生活に大きな悪影響を懸念

おしょぶ~はこの内容を確認しながらも、中学生が43%→高校生28%なので大人になるにつれて、多くの人は理解するようになり問題がなくなるのでは、と思いましたが調査をした研究所の教授はすごく心配しています^^;

●調査概要

調査は2016年4月~2017年7月、中高生を中心とした約2万5千人を対象に実施されました。中高生の教科書・辞典、新聞記事などに掲載された文章を題材に特別な知識が無くても、基礎的な文法を踏まえていれば答えられる問題にしています。

 

この調査を行ったのは、「国立情報学研究所」で主語と述語といった「係り受け」など、「文章の基本的な構造を理解出来ていない中高生が多くいるとみられる」と11月27日、新井紀子教授らの研究チームがプレスリリースしました。

 

この先生、数学で有名ですね^^

数学は言葉―math stories

数学は言葉―math stories

●経済的な面が影響している背景も

この調査では他に、中高生に1か月で読んだ本の数・スマートフォンの利用時間・一日の勉強時間など生活状況も訪ねていますが、読解力との明らかな相関関係は見られませんでした。

ただ、経済的に困難な家庭に学用品などを補助する「就学援助」を受けている子供の割合が多い学校の正答率が、相対的に低いこともわかりました。

 

うん。これよく言われている事ですよね。親の経済状態は子供にはどうする事も出来ないので、国や自治体がフォローしないといけないですね。

f:id:masaru-masaru-3889:20171130101847j:plain

イメージイラスト

スポンサーリンク

 

◆新井教授の見解

●新井教授はこう言う事に取り組んでいます

私の研究のメインは、意識したり努力しなくても、人々が知識や情報をスムーズに共有したり協調して作業をしたりするための情報通信技術(ICT)の研究と開発です。具体的には、NetCommons(ネットコモンズ)という次世代の情報共有基盤システムを開発、無償で公開して実証研究をしています。できるだけ簡便に使えるツールに仕上げることで、技術や予算が十分ではない組織であっても、情報を共有したり、ウェブ上の情報発信力が高められるようになる社会を目指しています。

新井 紀子 - 情報社会相関研究系 - 研究者紹介 - 研究 - 国立情報学研究所 / National Institute of Informatics

●今回の調査に対してのコメント

「読解力が不十分だと社会生活を送る上でも大きな影響が出る」

「将来、AIに仕事を奪われないないようにするためにも、子供たち読解力の底上げにつながる支援が必要だ」

 

う~ん汗、どうやらこの問題おしょぶ~が思っているより深刻なようです^^;

◆新井紀子教授著書

 

コンピュータが仕事を奪う

コンピュータが仕事を奪う

 
生き抜くための数学入門 (よりみちパン!セ)

生き抜くための数学入門 (よりみちパン!セ)

 
ロボットは東大に入れるか (よりみちパン! セ) (よりみちパン!セ)

ロボットは東大に入れるか (よりみちパン! セ) (よりみちパン!セ)

 

 最後に問題です^^

「仏教は東南アジア、東アジアに、キリスト教はヨーロッパ、南北アメリカ、オセアニアに、イスラム教は北アフリカ、西アジア、中央アジア、東南アジアにおもに広がっている」を読み…オセアニアに広がっている宗教を答えよ。

 

中学生誤解答率 約38%・高校生 約28%の問題です。

あなたは大丈夫?チャオ^^/