おしょぶ~の~と

旧ブログ名「マンション管理人.com」2017.08改名

ローソンチケット騒動って「フェイクニュース」で踊らされる世論と同じ話だよね。

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20170906175158j:plain

2017.09.06

 

どうも、おしょぶ~^^/です。

まぁ、この件自体はみなさん良くご存じでしょうし、個人の手にした興行チケットがどうのこうのなっても、そんなに社会的問題ではないのですが(ローソンにとっては信用問題)、これが「フェイクニュース」となると苦笑いぐらいじゃ済みません。

 

◆ローソンチケット騒動(一応おさらい)

ローソンチケットで購入したミュージカルのチケットが、取り消し手続きをしていないにも関わらず「キャンセル扱い」になったと、あるツイッターユーザーが9月2日に投稿しました。

 

購入したミュージカル「刀剣乱舞」のチケットが、自身が取り消し手続きを取っていないにも関わらず、ローチケ側から「チケットをキャンセルされた」と言う主張の内容です。

で、これがネット上で結構注目を集めてしまって、ローチケ側の対応を非難する書き込みが相次ぐ騒ぎになったわけです…炎上ってやつですね。ところが、ローソンチケット側が9月4日に、今回の騒動について調査したが「事実の確認はできなかった」との文書を発表して「なんじゃ、そりゃ」って話なんです。

 

で、どっちの言う事が本当なんだ!って話に当然なります。

 

今日(9月6日)に新展開…ローソンチケット側が、問題のツイートの投稿者と5日にコンタクトがとれて「状況の確認を行ないましたところ、入金はされておらず、従いまして『入金後のキャンセル』及び『当社からのメール配信』という事実は無かったことが確認されました」とプレスリリースされました。

 

ローソンチケット側の広報担当者は取材に対して、「投稿者の方と電話で連絡を取ることができ、状況を確認しました。その通話の中で、投稿者の方が『ツイートの内容はすべて事実ではなかった』と認めました」と説明しました。

 

これって大変な営業妨害と思いますが、ローソンチケット側は注意に止め、訴えたりはしないとしています。

 

で、投稿した本人は面白い事を言っています。

今日に「お騒がせしている件についてこの度、先方様とお話し合いの末、見解の相違がありました。先方様とは無事すべてのお話はついております。お騒がせして申し訳ございませんでした」と投稿しているんですが、そもそもお金を入金していないのなら、見解の違いもクソもないですけどね。問題となった投稿はすべて削除されています。

f:id:masaru-masaru-3889:20170906175239j:plain

スポンサーリンク

 

◆フェイクニュースは深刻な問題

でね、上記の件は一個人と一企業の話なんですが、いま世界で「フェイクニュース」がけっこう深刻な問題になっているんです。

 

今回の件は「フェイクニュース」とはちょい違いますが、無かった事実をSNSで流されて、それを信じて世間の人が行動を起こしてしまう構図は似ていると言うか同じだと思うんです。

 

通常、リアルな揉め事だと双方の言い分を聞いてみて判断となりますよね。

SNSで情報が流れると、もう一方の当事者が何か言うのを待ってから反応する…なんて事ないですよね^^;「なんじゃそれ!ローソンチケットはけしからんー!!」となってしまう…考えたら怖いですね。

 

ご存じの方も多いと思いますが、アメリカの大統領選挙で多くがクリントン候補が勝つと思っていたのに、トランプさんが勝ったのは「フェイクニュース」が流れて為と言われています。

 

「ローマ法王がトランプ氏を支持」・「クリントン氏の流出メール担当のFBI捜査官が無理心中」と言った嘘のニュースがフェイスブックで大きく拡散されました。後に、2つとも嘘のニュースを流すサイトであることが調査で判明しています。

どこまで影響があったかは、特定できないでしょうが記事を信じた人の一部には当然影響ありますよね。

 

※いまね、新聞・ラジオ・テレビ・ネットニュースではなくて、SNSでニュース確認する人が増えているそうです。

これって国の方向さへ変える可能性ありますね。

f:id:masaru-masaru-3889:20170906175308j:plain

スポンサーリンク

 

◆デマの拡散は昔からあったけど…

デマが流れるのは昔からありました。でもSNSで流れると拡散力が…ねぇ^^;

どうしたらいいのかはわからないけど、当事者が二人(法人)以上いる事柄は、双方の当事者が発信してから反応した方がいいね^^

 

後はソースの出どころだよね。個人一人からのソースは要注意でしょうか?

アメリカじゃないけど、嘘をよく流すサイトは論外だけど、その情報がSNSだと人を介して流れるからね^^;特にFacebookだと、友人からなら信用する人も多いよね。

 

あとは、批判は慎重にしかないかな?散々ぼろくそ言っておいて、事実じゃなかったとなると申し訳ないやら…もやもやするやら…^^;

SNSって便利で面白いけど、事実でない事で人を傷つける可能性がある事を頭の隅に置いて使わなきゃね^^では^^/