おしょぶ~の~と

食レポを中心に、いろんな事を書いている雑記ブログです。

MENU

調理師免許…2021年こそ取得しよう!調理師は今求められています。

調理師免許取得のイメージ
Free-Photos
によるPixabayからの画像

2021.01.27

 

どうも、調理師のおしょぶ~^^/です。

 

※この記事は過去に書いたものを再編集しております。

コロナ禍に合わせて書いておりません。飲食業界の大きな流れを捉えて書いていますので、「今の今は見当違い」に読めるかも知れません。

 

確かに今年だけを見ると、飲食業界は苦しいでしょうがそれがずっと続くとは考えにくいです。食は人の根源ですから、必ず盛り返すと思います。

 

※また、調理師の活躍の場は外食だけではありません。

介護・病院・学校などの施設給食、宅配食・中食業者…などでは、このコロナ禍でも以前通り調理師は求められています。

 

もし今年、調理師免許を取得するつもりだったのに、コロナで飲食業界が厳しいから止めておこうと考えた方…

 

もちろん貴方の人生ですから、貴方が決めるのですがよく考えて結論を出してくださいね。

 

筆者はけっこう年を取ってから調理師免許試験を受けました。

それまでも、長く飲食業に従事しておりましたが初めてテストを受けました。

 

知識的なものは、会社で十分な研修を受けており本一冊さへ読まないで、ぶっつけ本番で受けて一発合格したので、その時の事を纏めて記事にしました。

 

それが、ありがたく多くの読者様に読まれています。

 

※良かったら読んで下さい↓    

osyobu-osyobu-3889.hatenadiary.jp

 

で、興味がある方が多いのならと、もう少し詳しく調べてみる事にしました。

 

◆意外と落ちてる

f:id:masaru-masaru-3889:20161229195356p:plain

 

※これは、 公益社団法人 全国調理師養成施設協会から引用したもので、情報元は厚生労働省ですので参考となるでしょう。

 

全国平均でいくと、10人試験を受けて約4人落ちています。

問題を実際に読んだ経験者として、合格人数や%が決まっている試験ではないのに「思ったより落ちてるな」と言う印象です。

 

これね、わたしの肌感ですが油断で落ちた方と、いくらなんでも勉強しなさすぎで落ちた方でほとんど占められているのかな?と思います。

 

問題自体、本当に簡単なのですが「ひっかけ問題」がけっこうあります。

油断したら、ここでやられると思います^^;

 

わたしが考える受かるコツなども、上の記事で纏めていますのでぜひ読んでくださいね。ちょっとは勉強してね^^

スポンサーリンク

 

◆調理師免許取得を求める企業が増えている

調理師免許の取り方のイメージ
Magnascan
によるPixabayからの画像

 

自分が調理師免許を取得しておいて、こんな事を書くのは矛盾なのですが飲食業界に長く居ながら今までは、この資格を重要視していませんでした。

 

今回、わたしが取得したのも今の介護生活が終わった時に、飲食業界に戻りたいと思ってもかなりの高齢な為、就職活動に苦労するだろうと思い、武器のひとつとして取りました。

 

若かったら受験しようと思わなかったかもしれません。ところが先日以前勤めていた飲食チェーンの元同僚と話する機会があり、少し考え方が変わりました。

 

と言うのも、かなりの数の大手飲食店チェーンが社員に、「調理師免許」の取得をはたらきかけているとの事です。わたしが勤めていた会社はいま必須になったようです。

 

受験費用も登録費用も合格すれば、経費で出してくれるとの事でかなりのバックアップですね。

スポンサーリンク

 

 

◆調理師が求められ背景を考えてみました

調理師免許取得のイメージ
Pexels
によるPixabayからの画像

ひとつは法令順守面で、調理師法で当該施設又は営業における調理の業務を行わせるため、当該施設又は営業の施設ごとに、調理師を置くように努めなければならない」と言う努力義務の文言があります。

 

あくまで努力義務ですので置かなくても営業は出来ますが、以前の会社は東証一部上場企業なので、コンプライアンス強化の一環かもしれません。

 

あとは、営業戦略としての他社との差別化を狙っているのかもしれませんね。

いま飲食業界の競争は激しいですから、「全店、当社の調理場には調理師がいます!」なんてね^^アピールも可能ですよね。

 

もうひとつは「河豚」ですね。ふぐの取り扱い免許を取得しようとすると、多くの都道府県で調理師免許を持っている事が条件になっています。「河豚」の業態を拡大する目的もありそうですね。

 

ただ、理由はどうであれ飲食チェーンが調理師免許取得者を、求める声が強くなっているのは本当の事なので、取得していれば就職や転職に有利になるのは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

 

◆ホテル・給食業界は調理師免許必須

調理師免許取得のイメージ
Pexels
によるPixabayからの画像

これは、かなり以前からそうなのですが「ホテル」「病院などの施設給食」の業界は100%とは言いませんが、かなり高い確率で採用の条件になっています。

ホテルなどに勤めたい人は、取らないといけませんね。

 

◆開業・独立には要らない

飲食で起業したい人が絶対に必要かと言うと、そうではありません。

飲食店で、独立するのに「調理師免許」は必要ありません。食品衛生責任者と言う、一日の講習で取得出来る資格で大丈夫です。

 

※ただお客様から見るとどうでしょう? 

別の業界から飲食で起業する方もいますので、店主はこの4パターンになります。

①長い調理暦があり、調理師免許も持っている。

②長い調理暦はあるが、調理師免許は持っていない。

③調理暦は2年程と短いが、調理師免許は持っている。

④調理暦もなく、免許もない。

 

おしょぶ~なら、わざわざ④のお店には行きません^^

  

現在の筆者の結論は、飲食業界で勤め人でも起業でも「調理師免許」はある方がベストまでは言わないがベターかな^^ 

 

スポンサーリンク

 

◆調理師免許試験・おすすめ独学本ラインナップ

※やっぱりユーキャンと言う方は↓ 

※マンガで理解を深めたい方は↓

※調理師試験予想問題集2021年度版は↓

スポンサーリンク