おしょぶ~の~と

食レポを中心に、いろんな事を書いている雑記ブログです。

MENU

【寿司・刺身・天ぷら】神戸三宮「源平本店」で美味しいのを頂いて参りました!^^※動画あり

三宮寿司「源平」のイメージ

2017.04.02

※2020.01.12 再編集・追記しました。前半は自分へのご褒美「一人寿司」・後半は友人が結婚したので祝いの「二人寿司」、三宮の有名店「源平」の様子をお伝えします。

 

【前半・一人寿司】

ちょっと、ふざけた文章になっておりますが、ご了承下さい。

  

どうも、おしょぶ~^^/です。

相方と交渉しました…いや交渉と言う表現は対等な立場の話し合いに聞こえる。

交渉ではなく「お願い」いや「懇願」^^;

 

ブログを始めて無事1年を乗り切ったので、自分にご褒美をあげるべくちょっと良いところで食事がしたいと…ただ現在ワーキングプアの身で、普段のお小遣い口座では戦えないのです。

 

相方に預けている、困った時用口座から少し拝借して後からお小遣いで分割で返して行くからと言う交渉です。ぎりぎりのせめぎあいではございましたが…

「特別お小遣いゲット!ヽ(´益`)ノ」

 

◆神戸三宮 寿司・刺身・天ぷら「源平本店」一人寿司

f:id:masaru-masaru-3889:20170402101312p:plain

グーグルマップより

 

※お電話で予約してから行って下さい。入れないこと多いです。078-331-0377

「ぐるなび」を貼っておきます。

源平寿司 本店
〒650-0012 兵庫県神戸市中央区北長狭通2-1-8

●いざ出陣!

f:id:masaru-masaru-3889:20170402102108j:plain

「皆様、ご覧下さい。お寿司が回っていません!回っていないお寿司は3年振りです。以上現場からお伝えしました」^^

 

f:id:masaru-masaru-3889:20170402102402j:plain

いいですね。檜一枚板のカウンター。

大将がわたしの事を覚えていてくれました。3年振りなのに^^

「何からいきましょう?」

「ちゃ、ちゃちみ盛ってください」

><久しぶりなので噛んでしまいました(恥)

 

●メニューはこんな感じ(時価です)

f:id:masaru-masaru-3889:20170402103206j:plain

もちろん、時価ですのでお気をつけ下さい(笑)

 

f:id:masaru-masaru-3889:20170402103318j:plain

とりあえず、我が永遠の友スーパードライで喉を潤して落ち着こう。

年収がまともに有って、ここにたまに通っていた頃の自分を取り戻すんだ。

 

「付きだし」

f:id:masaru-masaru-3889:20170402103916j:plain

うん。いいですね^^右から季節の炊き合わせ・うなぎの肝・ふぐの皮の煮こごり・湯葉です。特にふぐの皮の煮こごりは美味しゅうございました。

 

もう後には引けません!この付きだしを食べた時点で普段飲んでいる立ち飲み代を超えてしまっております^^;(当たり前か~(笑))

 

スポンサーリンク

 

●お刺身

久しぶりですので、大将におまかせで出して頂きました。

 

「刺身盛り合わせ」

f:id:masaru-masaru-3889:20170402104751j:plain

お皿ではなく、カウンターが二段になっていて、そこに直接盛られていきます。

「あ~すし屋に来たな」って感じです^^

 

f:id:masaru-masaru-3889:20170402104958j:plain

上の写真のえびは「甘エビ」です。待ちきれずに食べてしまいました(笑)

右から、貝柱・中トロ・〆さば・しまあじ・真鯛・ひらめです。

貝・赤身・青物・白身とバランスよく盛ってくれます。

 

f:id:masaru-masaru-3889:20170402105730j:plain

右から、さわらの炙り・かつおのたたき・いか(下はいかの耳です)

 

お刺身は素材そのものを楽しむ系と、〆さば・炙り・漬けなどの職人さんの仕事を楽しむ系があり、心躍りますね^^

もうビールが2本目に突入していまいました。

 

●天ぷら

お寿司屋さんにお邪魔する楽しみは、寿司はもちろんですがやっぱり天ぷらは外せません。

f:id:masaru-masaru-3889:20170402111023j:plain

うん。いいですね。コンビニ弁当の天ぷらばかり食べていると、本当の天ぷらを忘れてしまいます(笑)この上品な薄衣で揚がっているのがいいです。

さつまいも・ししとう・なす・きす・ふぐの白子・あなごです。

 

きすとふぐの白子は塩で、あとは天つゆで頂きます。

※特にふぐの白子の天ぷらは絶品でございました。舌に塩があたり、衣がサクッとはじけたと同時にトロッと白子が入ってきます。

 

f:id:masaru-masaru-3889:20170402111956j:plain

f:id:masaru-masaru-3889:20170402112014j:plain

f:id:masaru-masaru-3889:20170402112039j:plain

もっと食べたいな~と思うのですが、こう言う類のものはその辺りで止めておくのが美味しく食べるコツでもあります。

 

…「我慢できない!冷酒を飲むしかない」

日本酒に弱いので、あまり外では飲まないようにしていますが、今日は無理^^;

 

f:id:masaru-masaru-3889:20170402112754j:plain

+12の超辛口純米酒「春鹿」

くぴっと(゚д゚)ウマ-

 

スポンサーリンク

 

 

●お寿司

今日は一貫して大将におまかせです^^

 

f:id:masaru-masaru-3889:20170402113841j:plain

まずは定番の赤身スタートです。うん、安心安全安定のお味^^

 

f:id:masaru-masaru-3889:20170402113853j:plain

げそです。ちょい仕事がほどこしてあって、そのまま頂きます。

う~ん(喜)塩と柑橘系の味、美味ですな。

 

f:id:masaru-masaru-3889:20170402113911j:plain

右がとり貝・左がふぐです。よくお寿司屋さんで見かけるとり貝はすでに火が通してあり、あなご用のたれで頂く事が多いと思いますが、これは生です。

 

またとり貝の違った味わい発見です。ふぐは俗に言う「ちりにぎり」ですね。

文句のつけようがございません。

 

f:id:masaru-masaru-3889:20170402121731j:plain

右がさよりで、下にひいている大葉が良い仕事をします。左はひらめのこぶ締めでアミノ酸の旨味たっぷりの一品で、口の中に広がる木の芽の香りがまたいいのです^^

 

f:id:masaru-masaru-3889:20170402121808j:plain

かわつえびを蒸したものです。たれで頂きます。

 

f:id:masaru-masaru-3889:20170402121915j:plain

うに、こちらでは塩で頂きます。旨い!としか表現出来ない^^;

 

f:id:masaru-masaru-3889:20170402122053j:plain

あ~大好きな蒸し穴です。たれが上品で美味でございました。

 

f:id:masaru-masaru-3889:20170402121942j:plain

かぶのお漬物のにぎりです。おや?と思われる読者様もいるかも知れませんが、お任せでお寿司を注文すると、板さんがお客様の腹具合(時にはお財布の具合も)を、推し量りながら握ります。

 

そこで、「もうこの辺りでどうですか?」と言葉にするのは無粋なので、会席などで〆に漬物・ごはん・味噌汁を出しますが、それに見立てて漬物のお寿司を出すと言うわけです。粋ですね^^

 

もちろん、まだ食べたい方は食べて良いんですよ。一応の区切りの確認ですね。

筆者としてもちょうど良い辺りで止めて頂いたので、最後に巻きを食べて終わりたいと思います。

 

「鉄火巻き」

トロ鉄火は論外として、中トロ鉄火にするか鉄火にするか迷いましたが、鉄火に着地(笑)大将がわたしの心の中を読んで、少し中トロを入れて巻いてくれました(感謝)

 

f:id:masaru-masaru-3889:20170402124101j:plain

写真でもわかると思うんですが、思ったより中トロを入れてくれていまして…

「ばか旨!」でございました。

 

このお店読者様にお勧めしても、なんの心配もないお店です。ぜひ神戸にお寄りの時は行ってみてください。

 

あ~一年に一回の贅沢も終わってしまいました^^

また一年頑張ります!!

スポンサーリンク

 

 

【後半・ニ人寿司】

大切な友人が結婚したので祝いの席を設けました。今回は、二人でゆっくり語り合う為に座敷(個室)にしました。

 

◆神戸三宮 寿司・刺身・天ぷら「源平本店」二人寿司 

では、読者様・結婚した友人ご夫婦・おしょぶ~の今後の幸せを祈って乾杯!

 

ビールを飲むところ

こちらは「生ビール」は扱っていません。瓶ビール派のおしょぶ~は、解っているな~なんて感じですが、生派の方ご了承の上来店して下さいね。

 

●付きだし

 

三宮寿司「源平」での食事風景

三宮寿司「源平」での食事風景

三宮寿司「源平」での食事風景

この小鉢、美味しくて「唸り」ましたね(笑)。

 

海老の身をほぐして、大根・しめじなどと「柚子胡椒ベース」の味付けて和えられています。おしょぶ~は調理師ですが、さすがに細かい味合わせまでは読み取れませんが、非常に美味しいスタートが切れました。

スポンサーリンク

 

 

●刺身盛り合わせ

三宮寿司「源平」での食事風景

カウンターで盛って頂く刺身も良いですが、座敷での皿盛りは「華やか」ですね。

 

まず4隅を時計回りで、イカ(種類までは難しいですが、身の感じからモンゴイカかな?)・きずし・ほたて・サワラの炙りですね。

 

で、中央は一番手前の一瞬赤貝っぽく見える(飾り包丁が入っています)のが、中トロ・鯛・甘エビ(子)・はまち(ぶりかも?)ですね。

 

三宮寿司「源平」での食事風景

三宮寿司「源平」での食事風景

三宮寿司「源平」での食事風景

三宮寿司「源平」での食事風景

うん。美味しいですね。

刺身は職人さんの「仕事」と言うより、ほぼほぼ「ネタ」で決まりますからね。

 

一番美味しかったのは「中トロ(当たり前か~(笑))」ですが、意外と言うと失礼ですが、サワラの炙りが旨かったですね。

 

おしょぶ~の感覚では、関西では時期的にまだサワラは少し早い気がしますが、ひょっとしたら今旬の関東からのクール便仕入れかも?知れません。

スポンサーリンク

 

 

●天ぷら

三宮寿司「源平」での食事風景

おしょぶ~は寿司屋さんでは天ぷらを頼みたい派!です。昔は、お寿司屋さんと言えば天ぷらも扱うのが普通でしたが、最近は減ってしまいました。

 

あなご・白子・さつまいも・なす・ししとう、でした。

 

三宮寿司「源平」での食事風景

三宮寿司「源平」での食事風景

三宮寿司「源平」での食事風景

 

うん。どれも美味しいですが、白子が飛び抜けて旨い!^^ふふ。

塩で食べたら良かったかな~と、後で反省しました(笑)。

 

●寿司

左右両角度から見て頂きましょう!(笑)

 

三宮寿司「源平」での食事風景

三宮寿司「源平」での食事風景

うん。全然、文句はないのですが…刺身・天ぷらは、そうは思わなかったけど、こう言うところの寿司はカウンターで食べたいですね(笑)。

 

目の前で、板さんの仕事を見ながら「はい。◯◯の炙りです」なんて声をかけて頂きながら食べるのが、回らない寿司の醍醐味かな~ww

 

まぁ、今回は大切な友人と「語り合う」と言うご馳走も味わいたかったので、座敷で正解でしたけどね^^ふふ

 

特に美味しかった4種をご紹介します。

 

三宮寿司「源平」での食事風景

三宮寿司「源平」での食事風景

三宮寿司「源平」での食事風景

三宮寿司「源平」での食事風景

 

  • ふぐは「ちり」で頂きました。冬の定番の味ですね
  • 焼き穴は初めから上にわさびがのっていますが、「多いのでは?」と思いましたが、これが焼いたアナゴを引き立たせていました。
  • ウニ…すだちをしぼり、塩をかけて頂いたのですが絶品でしたね。コリっとした貝類・イカ・ウニなどは柑橘類をしぼり塩が美味しいので、お試し下さいね。
  • 蒸し穴…これでもかー!!(笑)と言うぐらい柔らかかった。本日一番でした。

 

三宮寿司「源平」での食事風景

三宮寿司「源平」での食事風景

barにて

 

最後は赤だしとあがりでほっこりして、そのままbarに行きしばし語り合ってお開きにしました。良い夜でした^^ふふ。

スポンサーリンク 

 

 

◆記事の後半をYouTube動画にまとめました

※YouTube動画を更新しました。よろしければチャンネル登録お願いします↓


【寿司・刺身・天ぷら】神戸三宮「源平本店」で美味しいのを頂いて参りました!^^

 

観て頂ければわかりますが、家族やお友達の祝い事・商用に使っても、十分恥ずかしくなく満足して頂けるお店です。 (別に源平の回し者ではありません^^)

 

毎日、バカな事ばかり呟いていますが、良かったらフォローして下さいね^^ふふ。

 

では、またお会いしましょう^^/チャオ!

スポンサーリンク