おしょぶ~の~と

食レポを中心に、いろんな事を書いている雑記ブログです。

夏休みの自由研究「お母さんのがん」をテーマにした、女の子が話題です^^ おしょぶ~のコラム④

スポンサーリンク

headlines.yahoo.co.jp

 

2018.09.05

 

どうも、おしょぶ~^^/です。

夏休みの宿題は全く出さないタイプの小学生だったおしょぶ~からすると、眩し過ぎて直視出来ない女の子が話題です。

 

上記の記事には、女の子の写真も掲載されています。メガネ女子のカワ(・∀・)イイ!!女の子です。小学校6年生だそうで、最後の自由研究ですね^^

 

この女の子のお母さんは、3年ほど前に気管支に腺様嚢胞(せんようのうほう)がんという、珍しい種類のがんに罹患している事がわかりました。

 

現在も抗がん剤治療中なんです。「抗がん剤を4クールしました」と、お母さんはおっしゃっているので、ずいぶんしんどい思いをされたと思います。

 

今回の自由研究のきっかけを作ってくれた場所があります。女の子とお母さんが一緒に参加するのは、がんを患っている人やその家族が集まる会合=「がんについて考える会・シャチホコ記念 がん哲学外来メディカルカフェ」…

 

通称「がんカフェ」ですね。参加者たちが、がんとどう向き合うべきか話し合う場所です。女の子が、初めてお母さんのがんを知った時、すぐに「死」を連想してしまい、とても不安になったと言います。(*‘ω‘ *)大人でも、そうだよね。

スポンサーリンク

 

 

でもね、多くのがん患者に出会っていくうちに、「がんはむやみに怖がらずに正しい知識を持って付き合っていくことがとても大切だ」と感じたと言うのですから、ただ者じゃないですね^^

「がんは治らない病気とか怖い病気とか思っている子どもが多いので、そのイメージを変えようと思って」 

それで、自由研究のテーマに 「お母さんのがん」を選びました^^

 

そして!8月31日、夏休み最後の日。1か月にわたって取り組んできた、自由研究はなんと30ページ!の大作( ゚Д゚)、記事で写真も確認して頂けるので、ぜひ見て頂きたいのですが、がんの説明部分とかは分かりやすい様に、イラストと言うかマンガになっています。

 

1000文字ぐらいの記事を、ひ~ひ~言いながら書いている「おしょぶ~」とか言う、どこぞのブロガーとは大違いです(自虐)

女の子は自由研究の最後を、こうまとめています。

「がんのことを知れば親の病気を理解できるし、自分がなった時も焦らないなと思いました」 

 (*´▽`*)最高かよ!

 

お母さんの、早いご回復をお祈りしております。

では、またお会いしましょう^^/チャオ!

スポンサーリンク