おしょぶ~の~と

食レポを中心に、いろんな事を書いている雑記ブログです。

MENU

【京アニ放火事件】確保された男の容体が悪いようだが、先ずは助かってほしい。

2019.07.19

 

どうも、おしょぶ~です。

おしょぶ~のコラム㊵でお送りします。

 

みなさんもすごく驚かれた事でしょうし、確保された男に憤りを感じている事と思います。この事件、まだ何も分かっていません。

 

分かっているのは、目を覆うばかりの被害が出ている事だけです。昨日の段階では、被害の状況もコロコロ情報が変わる、乱れぶりでした。

 

 

◆【京アニ放火事件】被害状況

神戸新聞(2019.07.19)の紙面

神戸新聞(2019.07.19)

今朝の神戸新聞を読んだ時点での情報です。

報道によりますと、7月18日午前10時半ごろ京都のアニメ制作会社「京都アニメーション」より出火、3階建ての建物が燃えました。

 

※現状まとめられている被害です(京都市消防局)

  • 死亡 33名
  • 負傷 35名

※この負傷者のうち、10名は「重傷」です。やけどの重傷は非常に危険ですので、とても心配な状況です。

スポンサーリンク 

 

◆らせん階段が火の回りを早くした可能性

まず、ネットでちょっと間違った情報が流れていますので、書いておきたいのですが、この建物は「消防法」に違反していません。 

 

ただ建物の構造上、火の回りが早かった可能性が指摘されています。

 

※この図をご覧ください↓

神戸新聞(2019.07.19)の紙面

神戸新聞(2019.07.19)

報道と、わたしがマンション管理人時代に勉強した「防火」の知識とを合わせて書かせて頂きますね。(個人の見解です)

 

建物の上がり下りには、階段が2つ・エレベーターが1つで十分な設備だと思います。

マンション管理で言うと、火災の場合階段の「防火扉」が火の回りを防ぐ役割をします。

 

この建物の階段については、細かい事は紙面から読み取れなかったので、書けないのですが、あと一つある階段が「らせん階段」だったのです。

 

読者様もイメージ出来ると思いますが、おそらくですが…らせん階段なら防火扉も無く・各階を「吹き抜けの様にぶち抜く」形だったと思います。

 

現場検証が終われば、ハッキリとプレスリリースされると思いますが、便利で見た目の良い「らせん階段」が有る事により、煙と火が早く回ってしまい「逃げれる方が少なくなった」原因かも知れません。

スポンサーリンク 

 

◆屋上の扉が閉まっていなければ…と思うが通常は安全管理の為に閉めます

死亡された方が、どの場所で倒れていたか…

  • 1階 2名
  • 2階 11名
  • 3階と屋上への階段 20名

1階には通常の玄関と従業員用玄関と2つありますが、図では距離が近いですね。らせん階段・エレベーター・通常階段…これも全部距離が近くかたまっている感じです。

 

なので、1階で40㍑と伝えられているガソリンに火をつけられると、上に逃げるしかありませんね。

 

3階と屋上をつなぐ階段で、20名の方が重なる様にして亡くなっていたそうです。どう、想像しても「地獄絵図」ですね。

 

屋上の扉の鍵が開いていれば…と思うのが人情ですが、建物管理に携わった身としては、現在は「安全管理の為に屋上への扉は閉めておく」と言う管理の方が多いと思います。

 

確保されたような行動をとる男を想定して建物管理はされていないので、大変残念ですが、これは仕方なかったと思います。

 

◆【京アニ放火事件】確保された男の容体が悪いようだが、先ずは助かってほしい

さて、確保されて「犯人と思われる男」ですが、やけどが酷いようです。

 

もちろん、「自業自得」ですが報道では容体が安定していない為、詳しい聴取も行えない状態との事。

 

感情としては複雑ですが、先ずは全力で助けて欲しいです。

 

状況証拠的には、この男の発言から何か恨みがあり、殺意もあると思われますが、何も分かっていませんし、このまま死亡すれば「本人はやりたい事をやり遂げて裁かれる事も無く死んだ」と言う事実だけが残る…

 

再発防止の為にも、ちゃんと裁かれる為にも、今は助かってほしいと思います。

 

by おしょぶ~

スポンサーリンク