おしょぶ~の~と

食レポを中心に、いろんな事を書いている雑記ブログです。

MENU

【吉本興業岡本社長会見】観ました!吉本側全面降伏…

2019.07.22

 

どうも、おしょぶ~です。

おしょぶ~のコラム㊷でお送りします。

 

14時ごろから会見が始まりましたが、冒頭30分ほどかけて吉本側の法務担当から「今ままでの経緯の説明」がありました。

 

その後、岡本社長や他の幹部方が入場され会見が始まりました。

まず、岡本社長が初めに…

  • 反社会的勢力から金銭の授受があった事への反省・謝罪の弁
  • ファンや関係者の方へのご迷惑・ご心配へのお詫び
  • 今回、宮迫さん・田村さんに辛い会見をさせてしまった事を反省、二人へ対して謝罪

赤字で書かせて頂きましたが、社長が直接二人に悪かった…と謝ったのは大きな事と思いました。

そして、なにより「処分の撤回」「復帰を望む」と言う事まで踏み込んで、話されました。

 

(*'ω'*)やっぱり、どっちが悪いかは置いておいても、社長や会社がかなり上から接していたのでしょうね。今回の宮迫さん・田村さんの会見に至り…「はっ!」と我に返って気が付いた感じに受け取りました。

スポンサーリンク

 

 

この後、下記の吉本興業の大きな柱…

  • コンプライアンスの徹底
  • 芸人ファースト

について、取り組みが不十分であったと、反省の弁・今後の態勢に触れました。

 

例えばですが、居酒屋で芸人さんが「反社」かも知れない人物に、お酒を勧められたりした場面では、緊急に吉本に連絡できるシステム(ホットライン)の構築などです。

(*'ω'*)確かに、その場では断りにくいもんね。

 

まぁ色々岡本社長も思いを話している途中…涙ぐむシーンが複数回見受けられました。この事が進行する中で、さんまさん・松本さんだけでなく、多くのタレントが吉本に色々働きかけていた事にも言及がありました。その色んな背景から、感極まった感じですね。

 

あと、吉本側の法務担当による「経緯説明」は、おおむね宮迫さん・田村さんが言っていた事と合っていますね。ただ、立ち位置が違う為「見え方」「捉え方」の違いで、ボタンの掛け違い幅が広がった感じです。

スポンサーリンク

 

 

その後、マスコミの質疑に移りました。

 

①処分の撤回理由

二人にあんな会見をさせてしまった反省・思いの行き違いを理解出来ていなかった反省などから…

宮迫さんの契約解除の撤回(吉本は田村さんの契約解除をしていない立場)

 

②テープの録音について聞いた件

冗談で言ったが、受け入れられなかった。(場の雰囲気を和ませる意)

 

③宮迫さんはウソを何回いったのか?

金銭の授受についてのウソが始まりですが、途中については一転二転し過ぎて、本人も吉本も混乱しており、何回ウソをついたかは表現しづらい。

 

④会社として静観と言ったのか?

今まで聞いていたのと、あまりに違う事になったので、とにかくびっくりして確認作業がしっかりいるので、「静観」と言う表現は使っていないが、そう取られた。(藤原副社長)

 

「静観」は何もしないと言う意味だが、何もしないとは思ってはいませんでした。事実関係をハッキリさせてから…と言う意。

 

⑤全員をクビにするぞ!と言ったか?

「おれにはその力がある」とは表現していない。いろんなやり取りの中で、反社からお金を貰った重要性を理解していない二人(宮迫・田村両氏)に対して、怒りから「首にするぞ」と言ってしまった…つまり発言はあった。

 

親が子供に揉めた時に言う「おまえはもう勘当だ!」ぐらいのニュアンス

 

⑥吉本が反社のスポンサーになっていたのか?

そのような事実はない

そのイベントの組織図で説明

 

⑦会長・社長の責任の取り方

会長・社長…報酬50%を返上(1年間)

 

会見を観ての印象ですが、まぁビジネスライクな感じの社長じゃないんですね。関西のおっちゃん。だた、上場企業の社長がこんな姿勢で配下の人間に接していると…よろしくないですね。

 

感情のもつれ・思いの行き違い・事実誤認・確認不足…などが起こり、まともなマネジメントが出来ない…吉本側の全面降伏に見える会見でしたが、ただ反社との関りを無くそうと言う取り組みは正しいし、宮迫さんが初めにウソをついたのも事実…

 

進め方の問題なので、一回フラットに戻して、当事者でしっかり話し合いを再開して欲しいですね。

※今回の記事は会見の内容を全て書けているわけではありません。

 

by おしょぶ~

スポンサーリンク