おしょぶ~の~と

食レポを中心に、いろんな事を書いている雑記ブログです。

MENU

【三宮ごん太】昼飲みの名所は夜もいっぱい…総合居酒屋は色々食べれて最高!^^

2019.11.17

 

どうも、おしょぶ~^^/です。

神戸ちょい飲み放浪記49でお送りします。

 

神戸三宮の昼飲みの名所「居酒屋 ごん太」は、昼12時~夜18時まで生中が280円ですので、昼飲み中心で通わせて頂いております。

 

もう、昼から超満員ですよ!(笑) 外晩酌ですと、17時過ぎ辺りから飲み始めるのが多いのですが、今回はビールがお安い18時までに飲み終えたいと言う事で、16時半イン!しました(せこ~ww).

 

◆【三宮ごん太】昼飲みの名所は夜もいっぱい

三宮ごん太

この写真は当日撮影ではございません。

さぁ、勇んで16時半にお店の前に来るものの、(*'ω'*)いっぱい…

近くに大きな本店もあるのですが、おしょぶ~が好きで通っているのは小さな三宮店です。もろ昔の居酒屋風で好きなもので…

 

仕方なしに帰りかけたところで、お店の方が柱に隠れた2名席が空いているのを教えてくれました(わーい!)。ほんと、それ以外全部埋まっています。

 

下に「ぐるなび」さんのリンク貼っておきます。本店の情報で、おしょぶ~が行った「東店」はここから東に徒歩1分です^^

 

居酒屋 ごん太
〒650-0012 兵庫県神戸市中央区北長狭通1-31-10
2,000円(平均)1,000円(ランチ平均)

 

さぁ、始めますか?ふふ。今宵は相方と二人飲みです^^

では、読者様と我々二人の幸せを祈って!乾杯~♪

 

毎日、バカな事しか呟いておりませんが、良かったらフォローして下さいね。

スポンサーリンク

 

 

◆【三宮ごん太】総合居酒屋は色々食べれて最高!

先ずは軽くつまむものスタートで、刺身につなげて行く作戦です(笑)。

●やみつきキューリ350円

三宮ごん太、やみつきキューリの外見

昔まだ牛のキモ刺しが禁止になっていない時代に、よくみなさんも「ごま油+塩」で食べたと思うのですが、それをキューリに絡めて、塩こぶとごまをふった肴ですね。

 

スタート時か最後のちびちびタイムに向くおつまみです。実は家でもよく作るのですが、なぜか居酒屋の雰囲気の中で食べた方が美味しいですね^^ふふ。

 

●かりかりチーズ300円

三宮ごん太、かりかりチーズの外見

(*'ω'*)こう言うの大好き!ww 解ってくれる人多いと思います。スタートに丁度良い揚物なんですよね。

 

ワンタンの皮にチーズを入れて、片栗粉をつけてサックっと揚げて塩をふっています。

おしょぶ~は塩ラーなので、味そのものが好きと言うのもありますが、皮が弾ける感じの食感が心地よく、揚げ物なのに軽いのがイイですね^^

 

さて、お腹のウオーミングアップが終わりましたので、おしょぶ~的に主役の刺身を入れて行きます。

●刺身5種盛り合わせ980円

三宮ごん太、刺身5種盛り合わせの外見

ハマチ・サーモン・ホタテ・たこ(ゆで)・鯛ですね。おしょぶ~の大好きな「マグロ」が入っていなかったのは残念でした(苦笑)

 

俗に言う「活魚」は一種類も無いか?もしかしたら「鯛」がそうかも?ぐらいの内容ですが、十分美味しいです。

最近の魚の流通は優れていて、冷凍・フィレ(チルド)でも問題なく美味しいですよね。これから冬に向かって、どんどん魚が美味しくなるので楽しみです。

スポンサーリンク

 

 

●ツブ貝の刺身450円

三宮ごん太、つぶ貝の刺身の外見

季節的には旬とは言えませんが、おそらく旬の時期に取って裁いて冷凍した工場ものだと思います(違ったらごめんなさい)。

 

ツブ貝と言うのは、この手の貝の全体の俗称でこれの正確な種類は私レベルの目利きではさすがに難しいですね。

 

ツブ貝を食べるのは、こう言う冷凍ものを扱うお店の方が安全!(笑) 一応、死ぬ程ではないですが「毒」があるので、個人店で雑に裁かれると逆にヤバかったりします。

 

今回頂いたのは、コリコリ食感でとてもおいしゅうございました^^ふふ。

 

●ふぐ皮ポン酢470円

ふぐ皮ポン酢の外見

コリコリものが好きなもので…(笑)

冬のおっさんの肴の代表格ではないでしょうか?^^

 

河豚を裁くのは免許が必要なわけですが、工場で免許持ちが裁いたものが部位ごとに、冷凍・チルドで免許持ちのいない居酒屋にも流通しております。お手軽に楽しめるのはありがたいですね^^

 

さぁ!揚物行きますか。うほ!

●ちくわ磯部揚げ380円

三宮ごん太、ちくわ磯部揚げの外見

(*'ω'*)これ、好きなんですよね~ ここのはチーズが入っているバージョンですが、おしょぶ~が家でつくる時はチーズ+明太子です(笑)。

 

やった事無い方はぜひお試し下さいね。さて、三宮ごん太ではこれを「からしポン酢」で頂くのです。あまり家でからしポン酢はしないので、新鮮な感じでした。マヨポン酢でも美味しいかも…家では塩ですね^^

スポンサーリンク

 

 

●鶏南蛮 580円

三宮ごん太、鶏南蛮の外見

もう、お腹も良い感じで、そろそろ〆を考えていたのですが、バイトちゃんのオーダーミスで、鶏南蛮が行き場を失くしておりましたので…

「おーい!ここで買い取るわ」なんてねww

 

(*'ω'*)だから、太るんだね。

三宮ごん太の鶏南蛮は初めて食べましたが、おいしゅうございました。とり天タイプで、タレ漬けはなくレモンを絞ってタルタルスタイルですね。

 

濃い感じと言い、ボリューム感と言い…満たしてくれますね^^

 

●小だこの煮つけ380円

三宮ごん太、小だこの煮つけの外見

あ!そうそう…「煮たものを食べていないね」と言う事で、お腹もそろそろ良い具合でしたので、小鉢ものを頂きました。

 

甘辛煮つけ、日本の伝統のハズレの無い味ですね。すごく、柔らかいですし大根の煮具合が最強。ひょっとしたら、おでんで煮が長くなった奴を回すと言う工夫がされているのかも知れません^^ふふ。

 

●ねぎやき 550円

三宮ごん太、ねぎ焼の外見

三宮ごん太、ねぎ焼の外見

うん。〆で失敗した(爆)。

今回食べた中で、これだけは…読者様におすすめ出来ないですね(苦笑)。

 

ねぎやきと言う商品名でしたが、やまいも焼きですね。まぁそれは良いのですが、やまいも焼きなら出汁をグっ!と効かせてほしいですね。

 

全体の味付けもほぼ無い?状態で、卓上の醤油をかけましたが出汁が無いか弱いので、うま味に欠けましたね~^^:まぁ、ひとつぐらいハズレるよね^^; 

●つけもの 380円

三宮ごん太、つけものの外見

ふつーの漬物です(笑)。こんなんで十分です。

もうね、お腹もすっかり落ち着いたので、塩気のものでちびちび余韻を味わいながら、相方との会話を楽しむ…至極の空間です^^

 

レシート

三宮で、生中は二人で10杯飲んでいるので、この品数で二人で8,000円割れはイイところかな~と思います。

 

読者様で、三宮に来られたらぜひ【三宮ごん太】に寄ってみて下さい。東店はカウンター中心で、一人で飲んでいる人も多いので「昼の一人飲み」もすごくおすすめです。

 

※なお、この後パフェを食べた模様…ww

 

では、またお会いしましょう^^/チャオ!

スポンサーリンク