おしょぶ~の~と

食レポを中心に、いろんな事を書いている雑記ブログです。

仮想通貨業界は、まともになれるか…新たに2社取引所撤退!

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20180309162715j:plain

イメージ

2018.03.30

 

どうも、おしょぶ~^^/です。

昨日・今日と仮想通貨業界にとっては大きなニュースが二つ飛び込んで来ています。

◆短期的にはバットニュースだが…

うん。当然!いま現在仮想通貨全面安です(苦笑)

※ビットフライヤー、本日10時46分の数字です。

f:id:masaru-masaru-3889:20180330111657p:plain

ビットフライヤースマホアプリより

まぁ…酷いですね~^^:

先ごろのインターネット広告大手、Facebook・Google・Twitterの3社が仮想通貨関連の広告を禁止する報道が流れて、地盤が緩んでいるところに中国人民銀行の規制ニュースで一気にと言うところでしょうか?

 

まぁそれはそれとして、新たに2社の取引所が撤退するのは業界の浄化と捉えることも出来ますね。

スポンサーリンク

 

◆撤退取引所に預けている資産は直ぐ動かそう!

 ↑このタイトルは、わたしの個人的意見です。

osyobu-osyobu-3889.hatenadiary.jp

上記の記事の時に、仮想通貨業界撤退意志を示した3社をお伝えしました。

これで、合計5社が撤退しますが…まずはミスターエクスチェンジのプレスリリースを見てもらいましょう。

f:id:masaru-masaru-3889:20180330113634p:plain

公式サイトより

スポンサーリンク

 

つまり、金融庁が言う十分な体制が構築出来ないのでやめます!と言う事です。

 

すべてのプレスリリースを読んだわけではないですが、金融庁の立ち入り検査からバタバタ5社が動いたと言うことは、「今までみたいに、ゆるゆるでやらせてくれるんやったら美味しい商売やけど、キッチリ管理されたらかなわんわ!」(苦笑)

 

ですから、キッチリ出来ない会社が市場撤退するのは、業界浄化と捉えて良いニュースと読めるかもしれませんね。

 

下記が撤退取引所5社です。余計なお世話なんですが、この5社に資産を預けている人は早く他の取引所に移すとか、した方がいいですよ。コインチェック事件で分かるように、取引所の本当の内情なんかわからないから、ちゃんと返還すると言っても100%信頼出来ないでしょ?

 

こう言う時でも、「使い慣れた取引所がいいから廃業までそこでやって…」みたいな人が少なからずいるんですが、どうせ出すんだから早い方がリスクがなくていいですよ。

※撤退する予定企業 

・来夢(ライム)
・ビットエクスプレス
・ビットステーション
・ミスターエクスチェンジ
・東京ゲートウェイ

余談ですが、ミスターエクスチェンジの撤退はちょっと驚きました。まともな方と思っていましたから…

◆良いニュースもあるけどね…

良いニュースもあるんだけどな~^^

  • ビットフライヤーがアメリカに進出するとか
  • ヤフーが仮想通貨事業に参戦を検討中とか
  • 昨日(2018.03.29)に、イーサリアムが日本で初の公式イベントを開き、大変好評とか

さて、どうなりますかね。

けっきょく仮想通貨業界が盛り上がったのは、日本では2017年だけ!?(笑)みたいな状況ですが、このまましぼんで行くのでしょうか?

 

では、また会いましょう^^/チャオ!

スポンサーリンク