おしょぶ~の~と

旧ブログ名「マンション管理人.com」2017.08改名

【大阪北部大地震】マンション管理人としてやった事まとめ!

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20180612103004j:plain


2018.06.18

 

どうも、現役マンション管理人おしょぶ~です。

まずは、今回の地震で被害に遭われた方・ご家族にお見舞い申し上げます。

 

マンション管理人は、こう言う時の為に定期的に訓練を行っております。

今回は自分の実体験を通して、「マンション管理人は何をやったのか?」をまとめさせて頂きます。マンション管理人を目指す人・新人さんの参考になれば嬉しいです。

◆2018年6月18日7:58地震発生!

わたしは、兵庫県西宮市のある駅前のマクドナルドで、モーニングコーヒーを楽しんでおりました。勤務は9時からですが、1時間以上早く来てゆっくりするのが、ルーティンになっています。

 

その時、「みしっ」と大きな音がして僅かな横揺れの後、どっん!と大きな縦揺れを感じました。わたしは阪神淡路大震災を震度7の神戸市灘区で経験しており、その時の3分の1ほどの揺れ時間だったと感じました。

 

若い方は話に聞くだけで、大きな地震は初めてで、さぞ驚かれたと思います。

相方にすぐメールで安否確認、次に両親の施設に電話して安否確認を取りました。

たまたまですが、普段は家に居る父が、ショートステイで施設でしたので助かりました。

 

自分周りの最低限の安否確認が終われば、個人➡マンション管理人モードに切り換えです。すぐに自分が管理するマンションに向かいます。

向かいながら、マンションの外観をみましたが、大きなヒビ・傾きなどは無いので一安心です。自転車置き場の自転車は将棋倒しになっていましたが、そんなもんは無視です!(後でちゃんと直しましたよ)

スポンサーリンク

 

◆まず人命を優先!


f:id:masaru-masaru-3889:20180618114407j:image
f:id:masaru-masaru-3889:20180618114612j:image

本来なら制服に着替えて、ヘルメット…と言う流れでしょうが、自己責任で飛ばしました。まずエレベーターが5階で緊急停止しておりましたので、目視で人の閉じ込めがないか確認しました。この目視がとても重要です。

 

この時重要な事は、異常個所はすべて写真を撮る事です(スマホで十分です)。後に本部には修理依頼は殺到しますので、写真を送って正確な優先順位を決めてもらう時に便利です。

 

次は高齢者単身宅・高齢者のみの構成のお宅の安否確認です。マンション管理人室から全てのお宅の呼び出しが出来るシステムですので、スムーズに行きました。花瓶や置物の破損はありましたが、お怪我をされた方はいませんでした(ホッ)。

 

九州に出張されている住民様からも、「マンションの被害の確認」の電話がありましたが、状況をお伝えすると安心されておられました。とにかく、人の被害がなく安心しましたので、着替えて少し休憩を入れました。

スポンサーリンク

 

◆上司と連絡がつかない!

固定電話も携帯も混雑しており、電話がなかなかつながりません。上司(フロント)と上手く意思の疎通は出来ませんでしたが、普段の邪魔臭いと思いがちの「訓練」が活かされ、改めて通常時訓練の大切さを確認しました。

 

※この間、上司と繋がったのはたったの1回…

f:id:masaru-masaru-3889:20180618131516p:plain

 ◆予期せぬ他のマンションの安全確認

これはわたしも全く想定していませんでしたが、電車が8時ぐらいから止まったため、出勤が出来ないマンション管理人が出ました。

これにより、徒歩圏内で管理人不在になってしまったマンションの確認作業が加わりました。

 

自分の大切な人とマンション住民に被害が無く、少し気を緩めた後でしたので気持ちがついていかず、現場到着までにアドレナリンを出すのに苦労しましたが、無事点検を終わらせることが出来ました。

 

一つのマンションでは、他のマンションからわたしが様子を見に来た事を大変喜んでいただき、行って良かったな~と思いました。9階建てのマンションで、エレベーターが止まっていたので、不安だったとの事です。(あと消化器が2本倒れていたけど、ピンが抜けてなくて良かった)

 

これらの経験により、次回同じような事があれば(希望はしないが…)スムーズにやれると思います。

まだまだ大阪は大変なようですし、余震の事も気になります。関西のみなさん、まだ頭の中の警戒レベルは高めキープでお願いします。

 

では、またお会いしましょう。

スポンサーリンク