おしょぶ~の~と

食レポを中心に、いろんな事を書いている雑記ブログです。

人の頭部発見で、最悪の展開…民泊女性監禁行方不明事件

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20171117135319j:plain

イメージイラスト

2018.02.25
 

 

昨日、下記の記事でマンション管理人がみる「民泊の問題点」の視点から、心配していた犯罪が起こってしまった…とお伝えしています。 

 

大変多くの方に読んで頂き、我がサイト内ですがその日一番読んで頂いた記事になりました。ありがとうございます。

 

ただ事は自分が思うより、猟奇的な犯罪の可能性も出てきて、お伝えする事自体このブログの雰囲気に合うかどうか…しかし、書きかけてお伝えしないのも…もし気分を害されるようなら、すぐブラウザバックして下さい。

osyobu-osyobu-3889.hatenadiary.jp

スポンサーリンク

 

さて、いろんな事がわかって来ました。

昨日お伝えした事をざっくり振り返ります。兵庫県三田市に住む27歳の女性が行方不明になっております。

 

その後、大阪市東成区にあるマンションの「民泊部屋」に、今回容疑者とされている外国人の男性との入室が防犯カメラで確認されていますが、退出は確認されていません。

男性だけがキャリーバッグを手にして退出、女性は映っていないと言う、摩訶不思議な事件です。

 

記事タイトルで書いてある、人の頭部発見は女性が行方不明になったマンションではありません。そのマンションから南西約5キロにある、別のマンション民泊施設です。

 

このマンション民泊施設は、行方不明女性の監禁容疑で逮捕されている、バイラクタル・エフゲニー・ヴァシリエヴィチ容疑者が宿泊予約をしていました。つまり、関連先として捜査していたら、スーツケースに入った遺体の一部(頭部)を発見したと言うわけです。

 

まだ誰の遺体かは特定出来ていませんし、頭部以外も見つかっていません。誰の遺体にせよ、この容疑者が最小で遺体遺棄には関わっている事になりますし、常識的感覚で殺人への関りも非常に濃い可能性がありますね。

 

さて行方不明になっている女性ですが、友人によると英語が堪能で外国の出会い系アプリを使って外国人の友達をつくっていたと言うことです。まぁわたしなどの、おじさんからすれば違和感があるのですが、アプリで友人をつくるのは時代的に若者には普通の事なのでしょうね。

 

特に外国人と知り合うには、積極的にそう言うアプリを使わないと難しいのかも知れません。最近は若い方の事も勉強していますので、この事で女性がうかつな行動をしたとは思いません。

 

出会いはいろいろで良いのですが、まだよく知らない人なら、女性の方はついて行った先が、普通の宿泊施設でなければ安易な入室は避けた方が賢明ですね。

民泊部屋は本当に外部の目が届かない事は、特に女性の方は頭に入れておいて下さいね。今年の6月、いよいよ全国で民泊解放です。

 

では、おしょぶ~がお伝えしました。

スポンサーリンク