おしょぶ~の~と

食レポを中心に、いろんな事を書いている雑記ブログです。

MENU

【ドラマ孤独のグルメ 焼鳥庄助】シーズン1-1江東区 門前仲町のやきとりと焼きめし…レビュー

ドラマ孤独のグルメのイメージ

テレ東ドラマ孤独のグルメ公式サイトより

2020.11.17 再編集

 

どうも呑み助調理師おしょぶ~^^/です。

 

このシリーズについて
みなさまよくご存じの、「孤独のグルメ」ですが、主人公の井之頭五郎はお酒が飲めない「下戸」です。でもね、出てくるお料理は意外とお酒の相棒にもバッチリのものが多いんですね(笑)。そこでゴローに代わりまして、酒飲みと調理師の立ち位置(視線)でお送りしております、レビュー第1弾!ですね^^

 

 

◆ドラマ孤独のグルメの主人公は酒の飲めない、おじさん

このドラマは元々、同名コミックをドラマ化したもんなんですね。わたしが、すごいな~と思うのはグルメ漫画で、主人公を下戸(お酒が飲めない人)に設定したところ…

 

原作は久住昌之さん、グルメ漫画の原作多いですね。最近話題は、「百合子のひとりめし」でしょうか…

 

画の方は谷口 ジローさんですが、69歳で亡くなっていまして、もう漫画の方は見れません。残念ですね。

 

◆ドラマ孤独のグルメは流れがほぼ決まっている

ドラマは流れがほぼ毎回同じです。個人で輸入雑貨商を営む男・井之頭 五郎(いのがしら ごろう)が、仕事で各街(主に東京)を訪れて、ちょっとしたショートストーリーの人間模様が描かれ…お腹が減ると(笑)^^

 

で、各地各街のいろんなお店に飛び込んで、食事をする様子が表現されるのです。

 

まず食べっぷりが気持ちが良い!・どう見てもお酒の店でもお構いなし!・「こう来ましたか!」「慌てるんじゃない、俺は腹が減っているだけなんだ」などの、台詞の立ちが良い!すべて実際にあるお店である!などの特徴があります。

 

ドラマは役者が演じますが、最後に原作者の久住昌之さんがドラマの舞台になったお店を訪問する「おまけ」のコーナーがあるんです。

 

そこでは実際のお店のスタッフが映るんですが、ドラマで演じた役者と瓜二つな時があって( ゚Д゚)する…と言う楽しみもあります。

スポンサーリンク

 

 

◆孤独のグルメ、シーズン1-1江東区 門前仲町のやきとりと焼きめ

物語は、喫茶店から始まります。

 

ここの店主の女性からの依頼を受け、ティーカップのサンプルを届けにきました。主に海外のものを扱っている、ゴローのHPを見て、ラインナップのセンスの良さに惚れたとか…

 

商談は上手く進むのですが、この女性店主がしゃべるしゃべる…(笑)会話を切ろうとしても、腕時計を見てもお構いなしです!なんとか持ちこたえ、辟易して店をでます。

 

この後もちょっとした、細かなストーリーはあるものの…ハタと心の中で井之頭がつぶやきます。

 

「それにしても、腹がへった…」

毎回ですが、この腹が減った台詞から、ドラマは一気にグルメシーンへ向かいます!

毎回ね~店探しやるんですよ(笑)これ、長い時はほんと長いWW

 

井之頭は心の中でさらにつぶやきます。

「昔ながら良い店を探すなら、河の傍を攻めよ!」

根拠はわかりません(笑)。

 

どうやら昼はサバの味噌煮を食べたらしく、魚を外して店を探します。

で見つけたのが「焼鳥 庄助」…て、あのね見るからに飲み屋(笑)なんですよ!

 

f:id:masaru-masaru-3889:20180927210753p:plain

食べログより(焼鳥 庄助)

下戸が一人で入る店じゃないところが、このドラマの面白いところです。

 

ゴローは「ごはんものもきっとあるだろう」とひとりごちして、お店に入ります。

 

画面から伝わる感じでは、カウンターと、4人テーブルが二つのお店…大変個人的感想ですが、一人呑みにちょうど良い大きさのお店です(ふふ)奥に座敷とかあるかも?

 

f:id:masaru-masaru-3889:20180927211344p:plain

食べログより

f:id:masaru-masaru-3889:20180927211414p:plain

食べログより

スポンサーリンク

 

 

店内を見ただけで、行きたくなりました^^

 

ここのお店はちょっと特徴的で、ネタが「ねぎま」「なんこつ」「皮」「砂肝」「手羽先」「レバー」「つくね」の7種類ですべて塩のみ…

 

ちょっと珍しいでしょ?塩に拘る焼鳥屋は多いですけど、つくねぐらいはタレも用意しますけどね。ゴローは全て一本ずつ頼みます^^

 

で、出て来たのが…

 

f:id:masaru-masaru-3889:20180927212149p:plain

食べログより

写真はイメージで、食べログから「ねぎま・なんこつ」ですが、こんな感じでバラバラで7本…ゴローの本当に食べたのは本編でお楽しみください。ま~焼け具合・油のぷちぷち感!旨そうですよ。

 

映像の運びとしては、7本をアップでターン!(笑)、ここで観ている人が腹が減っていたら、(*‘ω‘ *)ちーん!ですWW

 

ゴローが焼鳥を食べ始めるのですが、その音をマイクが上手く拾うんです^^このドラマがここまで人気が出たのは、ゴロー役の松重豊さんの食べ上手がかなり貢献していると思います。

 

これが良い音をさせるんだな~^^ほんと!

 

ゴローはあっと言う間に6本食べてしまい、最後の「つくね」を口にすると…思わず声が出てしまいます。

「うまい!」

 

これ、わかるわ~想いの上を行った旨さに出会ったとき…思わず声出ます。

 

ゴローはこの後、黒板メニューで気になっていた「信玄袋(しんげんぶくろ)」と「ほっけスティック」を頼みます…て^^;

 

f:id:masaru-masaru-3889:20180927213126p:plain

食べログより(信玄袋)

おれ居酒屋勤務の時、この「ほっけスティック」扱っていましたが、完全肴…ごはんがあるなら良いけど、下戸が単品きついわ~苦笑 

 

ほっけスティックはイメージ写真がありませんので、本編でお楽しみください。映像を見ますと脂がのっていて美味しそうでした^^

 

ここの「信玄袋」は焼いた巾着状の油揚げに、ホタテとおくらが入っています。けっこう個人のお店で多いメニューで、中身がいろいろあります。

 

ゴローはどうやら、すごく気に入ったようです^^

スポンサーリンク

 

 

さて、そこへ常連のおにいさんがやって来ます。ボトルキープを出しながら…

 

その常連は、つくねを3本注文!焼きあがると…「ピーマンくれる?」とおかみさんに注文します。

 

まぁここで、普通なら「ピーマン焼き」ですよね^^ところが出て来たのは…

皿に盛られた、生ピーマン^^;え~

 

f:id:masaru-masaru-3889:20180927213804p:plain

食べログより

ピーマンは縦に二つに切ってあるのですが、そこにつくねを置いてピーマンと一緒にかじります。おにいさんが美味そう食べるのを見て、ゴローもつい注文(笑)

 

f:id:masaru-masaru-3889:20180927213835p:plain

食べログより

どうやらここの名物の食べ方らしく、苦いけど癖になる味だとか…ほんとかな~^^

もう、ここまで来たらご飯ものも欲しくなりますね。堪らず…

「ごはんはありますか?」

 

焼きめしならありますよ!と出て来たのが、これも珍しく「酸っぱい焼きめし」…

 

f:id:masaru-masaru-3889:20180927214229p:plain

食べログより

梅干しの味付けのようです^^これは、美味いかも!?

 

画面で確認したところ、玉子・じゃこ・ごま・梅干しが具で、最後に大葉の千切りを上に置いているようです。この焼きめし、かなり美味しかったらしくゴローは大満足です…ここで、フィニッシュ!

  • ねぎま・なんこつ・皮・砂肝・手羽先・レバー・つくね、各1本
  • ウーロン茶2杯
  • ほっけスティック
  • 信玄袋
  • つくね2本
  • ピーマン盛
  • 焼きめし

いつも思うんだけど、ゴロー晩飯贅沢なんだよね。いつも価格は出ないけど、これ安くても4000円は行ってない?^^;

スポンサーリンク

 

 

◆ドラマ孤独のグルメ「おまけ」コーナー

さて、いつもおまけで原作者の久住昌之さんが、実際にお店を訪問します。久住昌之さんは呑みます!(笑)

 

笑ったのが、お店のおかみさんと、その役者さんがそっくりでした。久住昌之さんも、つくね+ピーマンを注文!また、ここで焼いているつくねが映像でアップ!されるんですが、もうね美味そうなんですね^^

 

久住昌之さん曰く、ピーマンとの相性が最高らしいです^^

〆は梅焼きめしでしたが、これも美味そうなので、想像して自分で作ろうと思います。

 

※このドラマ「孤独のグルメ」はAmazonプライムビデオで見る事が出来ます。 アマゾンプライムビデオは、Amazonプライム会員になると、ついてくる「対象の映画・TV番組が見放題」のサービスです。

 

※Amazonプライムビデオ無料お試しはこちらから↓

 

※こちらから「ドラマ 孤独のグルメ」の記事を全て読んで頂けます↓

ドラマ孤独のグルメをシーズン1から丁寧に視聴レビューするブログ - おしょぶ~の~と

 

では、またお会いしましょう^^/チャオ!

 

スポンサーリンク