おしょぶ~の~と

食レポを中心に、いろんな事を書いている雑記ブログです。

MENU

【マンション管理人裏話】スケルトンリフォームの現場にペルー人…警報を鳴らしてしまうが日本語が通じず!今後の日本の縮図を見た👀

2019.02.21

 

どうも、現役マンション管理人おしょぶ~^^/です。

いや~えらい時代になりました。多くの外国人が日本の労働現場で働いてくれているわけですが、とうとう当マンションにも!(笑)

 

スケルトンリフォーム絡みの、つい最近のエピソードをお伝えします。今後の日本の縮図かな?wと言う事と、スケルトンリフォームで注意して頂きたい点を、マンション管理人の立場から書きますね。

 

◆スケルトンリフォームが流行っています(スケルトンとは?)

おしょぶ~が管理するマンションは、ざっくり築20年!

なので、売買が成立してオーナーが変わると、ほぼリフォームと言う話になりますが、ひと昔前は間取りは変えなかったんですが、今はかなりスケルトンリフォームが流行っています。

 

スケルトンリフォームとは…

マンションの各戸内の構造を大きく分けると2つ「スケルトン(柱・梁・床等の構造躯体)」・「インフィル(住戸内の内装・設備等)」に分かれます。

 

スケルトンリフォームでは、このインフィルの部分を全て壊してしまいます。もう本当に一から新しく部屋をつくる感じですね。

 

f:id:masaru-masaru-3889:20190221103744p:plain

https://www.sokkuri3.com/lp/mansion/

4LDKを2LDKにするとか、多いですね^^

スポンサーリンク

 

◆スケルトンリフォームは先ず解体

まず解体工事からですね。もう凄い音!でっかいハンマーみたいな奴でどんどん壊すからね。まぁ、それは正規の管理組合への手続きも経ているのでOK!なんですが、困ったのは今回はペルー人が中心にやっていた事。

 

誤解のないように言うと、ペルー人だからダメではなく「何かあった時に言葉が通じないのが困る^^;」と言う事です。

 

業者が工事のあいさつに来た時は、日本人・日本語が話せるペルー人の2名で来ました。その日本語の話せるペルー人が基本は現場にいるらしい…ので、おしょぶ~も安心しておりました。

f:id:masaru-masaru-3889:20181222114359j:plain

◆スケルトンリフォーム工事で警報が3回雷鳴!言葉が通じず困った^^;

まぁ、分かるんですよ。その日本語がしゃべれるペルー人も休憩もすれば食事もするわけで、100%現場に居ない。

マーフィーの法則じゃないけど(笑)、トラブルって解決できる人が居ない時に起こったりするんですよね。

 

当マンションは、セコムとまた別で火災専用の警備ネットワークにも入っています。

3回警報がなったね…(苦笑)非常事態警報が2回・火災警報が1回^^;

 

非常事態警報は部屋番号も出るので、「あ~リフォーム中の部屋か…」と分かりますが、警報が鳴った以上「どうせ間違いだろう」と言う対応は出来ません。

マンション管理人としては、現場に直行です!(*‘ω‘ *)ふつーにペルーの方が、トンカントンカンやっているだけですが…事情を聞かないと。

 

(*‘ω‘ *)何がありました?警報が雷鳴していますが!

(ペルー人)…〇✖-+〇✖-+〇✖-+

(*‘ω‘ *)…日本語喋れる人が居ない。ぽっつーん

 

セコムから確認の一報が入りますが、(*‘ω‘ *)「ペルー人しかいないから事情が分からない」セコムとおしょぶ~の間に3秒ほど無言の時間が流れますが…セコムも事情を確認出来ない限りは、「出動!」となります。

 

セコムが来るまでに「ペルーの公用語」を調べたら、「スペイン語」と「アイマラ語」だったね(笑)。アイマラ語はこの名称を聞くのも初めてだね^^

 

まぁセコムさん来たけど、当然スペイン語もアイマラ語もしゃべれないので(笑)、部屋を隅々まで目視確認して「異常なし」を確認して、警報解除の措置をして帰って頂きましたが、15分後にまたなったね(*‘ω‘ *)お手上げ。

f:id:masaru-masaru-3889:20181227140938j:plain

スポンサーリンク

 

◆火災警報(断線)が雷鳴

これは通常の火災警報ではないので、鳴るのは管理人室だけだったので、住民様に迷惑がかかっていないので、まだ良かったです。

 

「解体」は、まぁ壊せばいいわけで、正直丁寧にはやらないですよね。まぁ、それは何となく理解出来るけど、どうやら天井を剥がす時に「火災警報システム」の線を「ぶっちぎり(笑)」したみたい(*‘ω‘ *)う~ん💦

 

これね非常に困ります。仮にその部屋が303号室だとして、うちの警報配線では301・302号室で「本当の火事」が起きても、警報が鳴らない事になってしまうので、けっこう深刻です。

 

さすがに、業者の日本人を呼び出して「厳重注意」しました。これ、ひょっとしたら「現状回復」は工事になるかも?当然管理組合は工事代を払わないから、性質の悪い業者なら、しれっと「リフォーム代に上乗せ」するかもね。

 

(*‘ω‘ *)こんな事見ていて思いますが…

リフォームする時の業者選びは、単にコストだけでなく「いろんな面で信用できる業者」じゃないと、後々住み始めた時の他の住民さんから見たイメージにも影響しますし、コストも実は高くなったり…注意が必要ですね。

 

では、またお会いしましょう^^/チャオ!

スポンサーリンク