おしょぶ~の~と

食レポを中心に、いろんな事を書いている雑記ブログです。

世界一速い生物……「おしょぶ~present真夜中の雑談室254夜」8月限定増刊号^^

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20180726191912j:plain

2018.08.18

 

どうも、おしょぶ~^^/です。

真夜中に雑談を垂れ流す企画(笑)「おしょぶ~presents真夜中の雑談室第254夜」^^です。8月限定増刊号でっす!

 

さて、この企画を読んで頂いている方は、ブロガーさんが多いです。タイトル…文章として何かたりませんね^^…そう、何に対して世界一速い生物か?ですね。

 

地上を走る生物で、走るのが一番早いのは「チーター」です。水前寺清子ではありませんよ!(あ!これはもう通じない?(笑))

で、この話題の一番早いは…「身体を縮める」のが一番早いそうです。

 

その名は「スピロストマム」

スピロストマムは単細胞の繊毛虫で、池や湖でよく見られるそうですが…身体中に生えている細かい繊毛を使って動く生物です。

 

スピロストマムは刺激を受けると、その4㍉ほどの体を超速で60%も縮ませることができるのです。一瞬で60%減というのは、わかりやすく例えるとサッカーボールが瞬時に目玉ほどの大きさに縮んでしまうのと同じと言う事らしいです^^その縮めるスピードが恐らく、世界一速いと言う事なんですね。 

  f:id:masaru-masaru-3889:20180802131323j:plain

スポンサーリンク

 

 

さて、見て頂きましょう。 


World's Fastest Creature may also be One of the Smallest

 

見ましたか?一瞬で60%縮んだの^^

これが、どうしたの?って言う人もいると思うんですけど…

 

スピロストマムのめちゃめちゃ素早い動きを研究しているのは、ジョージア工科大学の研究チームなんですが、この研究をするためにアメリカ国立科学財団から4年間の研究費をもらうことが決定したそうです。

 

単細胞で小さなスピロストマムがどのようにこれだけ早い動きをするのかを研究し、ロボット工学やナノテクノロジーに応用していく道を探るとの事です。世の中、不思議なことだらけですね(笑)

 

さて、良い時間になって来ましたね。では…

「おやすみなさい。良い夢を」

スポンサーリンク