おしょぶ~の~と

食レポを中心に、いろんな事を書いている雑記ブログです。

動物と対話が出来ると言う話( ゚Д゚)…「おしょぶ~present真夜中の雑談室262夜」8月限定増刊号^^

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20180726191912j:plain

2018.08.26

 

どうも、おしょぶ~^^/です。

真夜中に雑談を垂れ流す企画(笑)「おしょぶ~presents真夜中の雑談室第262夜」^^です。8月限定増刊号でっす!

 

suzumetengu.hatenablog.com

 

上記は、はてなブログのお仲間である「スズメ天狗」さんのブログです^^保護犬カフェ出身のMIX犬、てんすけの日常をつづった犬漫画ブログで、とてもカワ(・∀・)イイ!!ので、まだの方は一度遊びに行ってください。

 

さて、今日の雑談なのですが「動物と対話が出来る」と言うお話です。わたしの感覚で犬や猫とコミュニケーションと言えば、「お腹が空いたのがわかる」とか「トイレがしたいのがわかる」などのレベルかな~と言う認識でしたが、ちょっと驚きましたね。

「アニマルコミュニケーション」と呼ばれているらしいです。

アニマルコミュニケーションとは、アニマルコミュニケーター(動物対話士)と呼ばれる、動物たちの気持ちを理解する技術を習得した人によって、動物との対話を試みるもの。

https://suzumetengu.hatenablog.com/entry/anikomi

 

 

  f:id:masaru-masaru-3889:20180802131323j:plain

スポンサーリンク

 

 

何かと勉強不足のおしょぶ~(笑)ですので、「動物対話士」と言う方の存在も初めて知りました。

 

これね勘違いされやすいのが、「この仕草は何々のシグナルですよ~」などとよくある「ペットサイン」のような「こうであって欲しい」と言う人間側からのエゴ的なものではなく、あくまで人間側・ペット側で中立・公平に行う対話です。オカルト的なものではなく、五感と第六感を使った感覚的な会話と言う事らしい

(*‘ω‘ *)へ~

 

詳しくは、スズメ天狗さんの体験談を読んで頂ければと思いますが、ちょっと中身に触れると今回は時間の都合で、スズメ天狗さんが聞きたい事を「質問」として用意して行ったようです。

  1. 今現在、体の不調や、痛いところなどはないか
  2. 普段の生活で不安や辛いことはないか
  3. 自分が怖いときや不安なとき、飼い主を信頼できると思っているかどうか
  4. 自分が保護犬だったという記憶はあるのか、またあるならどんな経験をしたのか
  5. 保護犬カフェの保護犬達と友達ワンコ達と違いを感じるか
  6. ピンポイントで吠えたり唸ったりする犬がいるが、近寄ったこともない人や犬を選別して吠えるのはどうしてか。

この質問に対して、動物対話士を間に挟み、スズメ天狗さんのペットである「てんすけ」が答えてくれていると言う、大変興味深い内容になっています。

一度、お読みください^^

 

さて、良い時間になって来ましたね。では…

「おやすみなさい。良い夢を」

スポンサーリンク