おしょぶ~の~と

食レポを中心に、いろんな事を書いている雑記ブログです。

MENU

おじさん達同志よ若い子に「OK、ブーマー」なんて言われない様にね(苦笑)…「おしょぶ~present真夜中の雑談室309夜」

月見のイメージ

すー。さんによるイラストACからのイラスト

2019.11.08

 

どうも、おしょぶ~^^/です。

真夜中に雑談を垂れ流す企画(笑)「おしょぶ~presents真夜中の雑談室第309夜」^^です。

  

今宵の話題なんですが、「OK、ブーマー」です。

おじさんがしてはイケない3つの事…

  • 昔話
  • 自慢話
  • 説教

わたしは何かの書籍で、タレントの高田純次さんが書いていたのが情報源ですが、誰が言い出したかは知りませんが、言えていますね^^

 

おしょぶ~も昔、飲食店でちょっと親切にしてあげたおじさんから(わたしもおじさんですが(笑))、「お礼に良い事を教えてあげる」と言われ、期待して聞いていたら、そのおじさんの自慢話だった事があります(爆)。

 

要はおじさんの、若者に対する「上から目線」ですよね。確かに年齢を重ねて来て、得た知識・経験は貴重な場合がありますが、他方古くて使えない知識・経験則も多いのも事実だと言う事を、おじさんは理解しておく必要があるでしょう^^ふふ。 

 

秋のイメージ

りこりこさんによるイラストACからのイラスト

スポンサーリンク

 

 

で、本題はここからです。

www.cnn.co.jp

 

上のCNNニュースに飛んで頂くと、動画が観れると思います。すでに観れなくなっていたらごめんなさい。 

 

舞台は、NZの議会で気候変動問題について、25歳の女性議員が演説しているところです。何十年も前から気候変動問題を認識していながら、先送りにして来た世界の首脳らを批判する=おじさん達を批判する(笑)の構図ですかね?^^

 

ここで、「歳の事をからかう」と言う表現がされているので、若くて経験がない事を揶揄したのでしょうか…日本風に言うと「若造が知った様な事を言うな!」みたいな感じですかね(あくまで想像)。 まぁ年配議員がヤジったんですね。

 

ですが、この女性議員は「OK、ブーマー」の一言で軽く受け流すと、何事もなかったように平然と演説を続けたと言う事で、若者の共感を得、すごく話題になっているそうです。

 

秋のイメージ

でおさんによるイラストACからのイラスト

スポンサーリンク

 

 
 
「OK、ブーマー」はSNS「TikTok(ティックトック)」で、今年になって「ミレニアルズ」「ジェネレーションZ」と分類される若者の間で流行っているそうです。
 
  • ミレニアルズ

定義は専門家により異なるが、1980年ごろから2000年代初めに生まれた世代を指し、2014年時点で米国の人口の約3割を占める。中核は20代。10代からスマホを持ち、インターネットに慣れ親しんだ最初の世代。働き始めるころにリーマン・ショック(08年)以降の経済停滞に直面し、上の世代とは消費行動が違うことが注目されている。ミレニアム(千年紀)に由来する。 

コトバンクより 

  • ジェネレーションZ

ジェネレーションZ(Z世代)とは、2000年(もしくは1990年代後半)から2010年の間に生まれた世代のこと。生まれたときからインターネットが当たり前のように存在する「デジタルネイティブ」な世代である。アメリカの世代分類における、1980年代から1990年代に生まれた世代「ジェネレーションY(=ミレニアル世代)」の次の世代にあたる。 

https://makitani.net/shimauma/generation-z

 

ハッキリ書いていませんが、このCNNニュースの記事から読み取ると、この年配議員(おじさん)はかなりバツの悪い思いをした模様です。

 

おしょぶ~は現役?のおじさんをやっていて、つくずく思うんですがやっぱり生まれた時から、スマホ・ネットがある世代と無かった世代は、上手く言えませんが超えられない感覚の違いがあると思う。

 

わたしなどと違って同世代でも、すごくITなどに詳しい方はいるけれど、後から出て来たものを習得した人と、インフラのごとく流れるような情報に触れて育った世代の違いでしょうか?

 

(*'ω'*)え!おじさんが解った風な事を書くなって…

(*'ω'*) OK、ブーマー


さて、良い時間になって来ましたね。

では… 「おやすみなさい。良い夢を」

スポンサーリンク