おしょぶ~の~と

食レポを中心に、いろんな事を書いている雑記ブログです。

MENU

【神戸三宮 すみれ茶屋 】出汁が最高「博多水炊き」で美味しさ満開!^^※動画あり

すみれ茶屋の水炊きを食べているところ

2019.12.11

2020.01.05 動画をつけて再編集しました。

 

どうも、おしょぶ~^^/です。

神戸ちょい飲み放浪記50でお送りします。

 

記念すべき「神戸ちょい飲み放浪記」の50回目はちょっと贅沢をして来ました。神戸のお鍋料理の老舗「すみれ茶屋」さんに行って来ました。

 

今回の記事では、神戸三宮「すみれ茶屋」さんの博多水炊きの実食レビューをお送りします。

 

◆神戸三宮 すみれ茶屋

すみれ茶屋の外観

2019.12.10撮影

おしょぶ~の記憶情報ですので、正確でないかも知れませんし、途中でオーナーが代わっている事もあるかも?知れませんが…

 

このお店は20代から、鍋の季節になると通っていたお店で、当時は神戸三宮の生田筋と呼ばれる場所に、2階建ての家みたいな感じのお店でした。

 

それから、土地が高騰したからか?(笑)知りませんが、大きなビルになりそのビルのテナントの1店として営業していました。ただ、内装がかなり個性的になりおしょぶ~的には「ちょっと鍋を食べる雰囲気ではないな…」と感じ、足が向かなくなっていました。

 

それから、かなりの月日が経ち移転された様で、見に行ってみたら「小料理屋風で大座敷も完備」みたいな感じで、気に入って行くのを再開したお店です。もともと、味には文句がなかったので…すみません。前振りが長くなりました…

 

※食べログさんに載っているお店の説明です。

 昭和26年から神戸で半世紀以上愛され続けている鍋料理専門の老舗。 女性に人気なのは本格博多水炊き。一昼夜煮込んだコラーゲンたっぷりのスープは一日20食限定。 最高級の神戸牛が食べられる名代肉鍋、しゃぶしゃぶ、すき焼も絶品。 長年愛され続けている当店の看板メニュー。 最大20名様までの上質の掘りごたつの個室や足元がとっても楽なテーブル座敷が人気。 4名様~10名様までのお座敷で仲間だけの宴会が楽しめるお座敷有

 https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280101/28001615/

 

※営業時間・定休日など細かい情報は、こちらでご確認下さい↓

tabelog.com

スポンサーリンク

 

 

◆【神戸三宮 すみれ茶屋 】博多水炊き

すみれ茶屋の博多水炊きの外見

いま神戸三宮は、インバウンド効果もあり神戸牛ブームがすごくて、すみれ茶屋の神戸牛を使ったすき焼きは最高なので、現在はそれを語られる事が多いですが、おしょぶ~が読者様におすすめしたいのは「博多水炊き」です^^

 

これをご覧頂きましょう。火を入れる前のお鍋の様子です。

 

すみれ茶屋の水炊きの外見

すみれ茶屋の水炊きの外見

ちょっと写真が下手で失礼しておりますが、出すぎ?と思う程の「出汁」と「コラーゲン」が煮凝り状態で提供されます。

 

お店の広報的には、一日20食限定ですが年末年始はもう少し頑張って作ってくれている様です(確かな情報ではない)。

 

今回は、飲み友達でもある従兄弟と「二人忘年会」ですので、飲み放題付きコースに致しました。

 

https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/19500/320x320_square_19500461.jpg

※食べログ内公式より

 

【博多水炊き宴会コース】

 

  • 先付
  • 新鮮魚介のお造り
  • 博多水炊き
  • 平打ち麺
  • デザート
  • 飲み放題


飲み放題メニュー: ※90分ラストオーダー・お席の利用2時間まで
生ビール(サントリーモルツ)、チューハイ(グレープ、レモン、オレンジ、トマト、緑茶、ドライ、しょっぱい梅)、 梅酒、焼酎(麦、芋)、日本酒、ハイボール、ワイン赤白、 ソフトドリンク(烏龍茶、オレンジジュース、グレープジュース、トマトジュース)

7800円+税

結局、単品料理も追加したので二人で約2万円でしたが、普通の食欲の人なら十分な量がありますので、ご安心下さい。正直…食べ過ぎで苦しかった(笑)。

 

毎日、バカな事ばかり呟いているのですが、良ければフォローして下さいね^^

スポンサーリンク

 

 

◆【神戸三宮 すみれ茶屋 】出汁が最高「博多水炊き」レビュー(感想)

すみれ茶屋の博多水炊きの外見

肉が少なく見えると思いますが、鍋の中に最初に食べる分の肉が入っています。

 

食べ方がありますが、説明書もありますし、初めてのお客様にはスタッフさんが説明をしてくれますので、心配ありません。

 

すみれ茶屋の水炊きの食べ方の説明書

 

さて、鍋に火を入れている間に、コースですので「小鉢」と「刺身」を楽しみます。

その前に、恒例ではございますが読者様・従兄弟・おしょぶ~の幸せを祈って乾杯!

 

すみれ茶屋の水炊きを食べているところ

(*´▽`*) ぷはー!!読者のみなさん、今年も読んでくれてありがとう!ww

 

すみれ茶屋の水炊きを食べているところ

すみれ茶屋の水炊きを食べているところ

今回の小鉢は、炊き合わせですね。良い意味で、長ねぎがくたっと炊かれていて甘みが出ていましたね。非常に美味しかった…正直お替りを頼もうか?と思ったけど、さすがに恥ずかしいだろうと…(笑)

 

すみれ茶屋の水炊きを食べているところ

お刺身です。マグロ・鯛・ハマチ・カツオ(タタキ)ですが、マグロ・カツオは冷凍だと思いますが、十分美味しかったです。鍋屋さんなので、コースの刺身はこのレベルでも価格を考えればOKですね^^

スポンサーリンク

 

 

すみれ茶屋の水炊きを食べているところ

さぁ、煮立って参りました。先ほどの煮凝り状態は、見事溶け去り出汁の良い香りがしております。ここで、弱火にしてくださいね。

 

すみれ茶屋の水炊きを食べているところ

さて、すみれ茶屋のお作法と言いますか、おすすめの食べ方で、一番先に味わって頂きたいのが「出汁」そのものですね。出汁には味付けはしておりませんので、お好みの量お塩を入れて頂きます。

 

すみれ茶屋の水炊きを食べているところ

すみれ茶屋の水炊きを食べているところ

(;゚Д゚) うま!

 

出てますね~鶏の出汁。あとコラーゲンが多いと言う事で、口当たりが「とろっ」としていて後を引きますね。お替りしちゃいました(笑)。

 

先ほど書きましたが、出汁の中に出足に食べる分の鶏肉が入れられています。まず、それを頂いて、テーブルにある具材を入れて再度炊く段取りですね。

 

(*'ω'*) 好みでお好きに食べて頂ければよいのですが、おしょぶ~のおすすめは「塩+柚子胡椒」「ポン酢+柚子胡椒」です。

 

すみれ茶屋の水炊きを食べているところ

すみれ茶屋の水炊きを食べているところ

すみれ茶屋の水炊きを食べているところ

( *´艸`)うんんんんまい!

 

肉には弾力があり、噛み応えがあるのですが骨からの身離れが非常に良く、食べやすいですね。捌きかたが上手いんでしょうね。

スポンサーリンク

 

 

さて、具材を入れて炊いて行きましょう。全て美味しいですが、特にこの段階で味わって頂きたいのは「キャベツ」「つみれ(つくね)」ですね。

 

すみれ茶屋の水炊きを食べているところ

すみれ茶屋の水炊きを食べているところ

(*´▽`*) トレビアン~♪

 

つくねは火が通ったギリギリで上げて食べて欲しい・キャベツはくたくたよりシャキシャキ段階で食べて欲しいです^^ふふ。つくねは生姜が良い仕事をしております。

 

すみれ茶屋の水炊きを食べているところ

すみれ茶屋の水炊きを食べているところ

 

すみれ茶屋の水炊きを食べているところ

すみれ茶屋の水炊きを食べているところ

先ほど書きました通り、十分コースだけで量は足ります。ただ、おじさん達は歳の割に良く飲み・よく食う…育ち盛りの中年ですので(笑)、明石だこの唐揚・揚げ出し豆腐を追加してしまいましたww

 

さて、〆ますか!? 単品の鍋の場合は〆を選べますが、コースはラーメンに決まっています。

 

すみれ茶屋の水炊きを食べているところ

すみれ茶屋の水炊きを食べているところ

( *´艸`) ラーメン屋出来ますよ~ww

 

ポン酢でつけ麺も良いですが、おしょぶ~は塩で「塩ラーメン風」で頂きました。九州はとんこつラーメンが有名ですが、こちらは正に「博多鶏こつ塩ラーメン」の極上級の味ですね。

 

(*'ω'*) もうちょっと食べたい…(笑)

 

すみれ茶屋の水炊きを食べているところ

すみれ茶屋の水炊きを食べているところ

別料金で、雑炊も食べてしまいました(笑)。あの出汁を吸い込んだ「白ごはん」を食べずに帰ったら、悔いが残りますから…ww

 

いやいや、大満足です。飲み物は杯数を数えていませんが、相当頂きましたしこの美味しさ・満足度の忘年会で一人1万円なら、上等でしょう。読者様で、神戸にご縁がある時にはぜひ「すみれ茶屋」寄ってみて下さいね^^

 

翌朝起きたら、お肌の調子が良かった…コラーゲン効果?(笑) もしそうなら、女性には特におすすめですね。ふふ。

 

※この記事を動画にまとめましたので、ぜひご覧ください。よろしければチャンネル登録お願いします↓


【神戸三宮 すみれ茶屋 】出汁が最高「博多水炊き」で美味しさ満開!^^

 

※こちらから「神戸ちょい飲み」カテゴリーの記事を全て読んで頂けます↓

グルメ-神戸ちょい飲み放浪記 カテゴリーの記事一覧 - おしょぶ~の~と

 

では、またお会いしましょう^^/チャオ!

スポンサーリンク