おしょぶ~の~と

旧ブログ名「マンション管理人.com」2017.08改名

マンション管理人の仕事内容「台風対策」被害から住民と物件を守れ!

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20170914104343j:plain

台風のイラスト

2017.09.14

 

どうも、おしょぶ~^^/です。

※今回はマンション管理人の新人さんや、今後を考えマンション管理人の仕事に興味がある方が対象の記事です。マンションにお住いの方も読んで頂ければ、幸いです。

台風のシーズンがやって来ました。マンション管理人は、もう一度基本から確認を行い、住民様と物件を守りましょう。(もちろん自分も)

 

さて、マンション管理人の仕事とは?と問われれば、清掃・管理によりマンションの資産価値を守る事…正解です。とても大切な事です。もう一つ、大きな柱がありますね!

そう、防犯・防災です。

 

◆管理会社・管理組合が守れない

管理会社・管理組合も擬人であって、人ではありません。実際の現場で台風から住民と物件を守るのは管理人です。また、ある程度の組織ならフロントと呼ばれる事の多い上司がいるでしょうが、担当物件も多く、また機械系・防犯系のプロでもありません。

 

担当マンションの弱点や住民様の事を良く知っているのは、そこを担当するマンション管理人、「あなた」です。

あなたが守りましょう!

スポンサーリンク

 

◆まずは情報収集

地震・火事・台風…全部嫌ですが、台風の利点がひとつだけあります。

来ることが、事前に分かる事です。これは、防災行動をとることから考えれば非常に大きい利点です。地震も火事も突然ですからね…^^;

 

テレビ・ラジオ・新聞・ネットで十分です。ただ、いま台風が近づいているとして、住民様が全員知っているとは思い込まない事が大切です。

不思議なもので…「こんな大きな話題になっているのに」なんて事を知らない方は、世間に大勢います。

 

特に一人暮らしの高齢者は、情報弱者になっている可能性が高いですから、普段から気にとめておきましょう。

◆掲示板・ポスティング・世間話

いよいよ、台風が上陸となれば大手管理会社ならポスティングのチラシなどを用意してくれると思いますが、わたしが気をつけているのはその前段階です。

上陸地域は特定出来ていないも、どうやら日本に来そうって時がありますよね。

 

体外、10日~1週間ぐらいは余裕があると思います。わたしは、特に高齢者の住民様を中心に世間話に近づく台風の事をいれて、注意喚起します。

案の定、台風が近づいている事を知らない人はいますよ^^;

後述しますが、その時住民様が事前にとっておくと良い対策などの話もしておきましょう。

 

いよいよ担当地区に上陸の可能性が高まれば、掲示板に広報し、もっと近づいてくれば最後の注意喚起として、各家庭にポスティングしましょう。

f:id:masaru-masaru-3889:20170914112527j:plain

台風のイラスト

スポンサーリンク

 

◆事前準備

上記で書きました、情報収集・発信も事前準備ですが具体的に被害を防ぐ・小さくする部分を書いていきます。

①住民様にやってもらいたい事

●ベランダ等の危険物、例/植木鉢・物干しざお等は室内に入れるか、しっかり固定してもらいましょう。

●排水目皿(排水トラップ)の掃除

※普段の掃除を怠っていると、木の葉・どろ・人毛などで詰まっています。雨水がベランダ(バルコニー)内にたまり室内への浸水につながります。

●いよいよ当日は、窓サッシの下部・玄関扉の下部を念のためタオル等で防いでおいてもらいましょう。

●機械駐車場があるマンションでは、地下の車は事前に地上に動かしておいてもらいましょう。

●強制は出来ませんが、廊下・階段でさへ滑って危険です。不要な外出は控えて頂きましょう。

②管理人がやる事

●物件内と近所の危険物の撤去及び固定

※見逃がちなのが、ご近所の強風なら飛びそうなものです。近所の喫茶店の立て看板とかね…事前に声をかけて対応してもらいましょう。

●廊下の側溝などの排水目皿(排水トラップ)の掃除

※住民様のベランダについて書いた時に説明しましたが、同じです。ここの掃除は管理人の責任でやりましょう。ピカピカになる場所ではないですが最低限、排水機能は守りましょう。新人さんの為に写真添付しますね。

f:id:masaru-masaru-3889:20170914115719p:plain

排水目皿(排水トラップ)の写真

●緊急連絡先の広報

※管理人の勤務時間外の不測の事態に備え、緊急連絡先を掲示板と管理人室の窓などに大きく書いて貼って帰りましょう。特に気になる社会的弱者(高齢者・障害者等)にはメモで渡しておきましょう。わたしが勤めている会社の例なら、24時間お客様窓口になります。もし、管理組合と管理人さんの直契約の場合は、理事長と緊急連絡先について話し合っておいてください。

●シュミレーション

※わたしが大事だと思っている事はこれです。起こりえる事を予想して、そうなればどうするか考えておきましょう。空想みたいなものでもやっていないよりは、ましだと思いますよ。わたしの知っている例では、火事が発生しているのに慌てて119番すら出来なかった管理人がいます。

f:id:masaru-masaru-3889:20170914123243j:plain

台風のイラスト

スポンサーリンク

 

◆その他

上でも少し触れましたが、機械式駐車場の地下に止めている車両については、管理組合加入の損害保険では免責事項、また管理会社との管理委託契約においても免責事項、になっている場合がほとんどですので、住民様に気を付けてもらいましょう。

 

あと、わたしの管理マンションは立地的に該当しませんが、土嚢の準備がいるマンションもあると思います。事前に上司と相談しておきましょう。

 

管理人さんが書いている、他のブログを読みますと強い雨水を利用して掃除をするとか、何かあった時にまだ台風が上陸中なのに動き回るとか書いている例がありますが、大変危険なのでやめて下さい。事前準備をしっかりしたら、基本的に管理人室で待機です。

 

緊急かつ住民様の命に係わる事態は、警察・レスキューなどプロにやって頂いた方がちゃんと住民様を救えます。正確な状況の確認と早い連絡及び見守りで十分です。

 

さて、台風が去ればマンションは汚れていますね^^;でも住民様が無事で、物件に大きな被害が無ければ、あとはルンルンで掃除しましょう!^^

では、みなさん事故のないように頑張って下さいね。

◆マンション管理人が読む本

 

平成28年12月改訂 マンション管理人の仕事とルールがよくわかる本

平成28年12月改訂 マンション管理人の仕事とルールがよくわかる本

 
目指せ!マンション管理員

目指せ!マンション管理員

 
マンション管理・修繕&建替え 徹底ガイド (日経ムック)

マンション管理・修繕&建替え 徹底ガイド (日経ムック)