おしょぶ~の~と

食レポを中心に、いろんな事を書いている雑記ブログです。

マンション管理人を始めて2年が経ちました…雑感を少し^^

スポンサーリンク

 

f:id:masaru-masaru-3889:20180604095912j:plain

2018.06.04

 

どうも、現役マンション管理人おしょぶ~^^/です。

家庭の介護事情から、マンション管理人と言う仕事を選んだのが、2016年6月でした。細かい日数を言うと、あと数日あるかも知れませんが、まぁ2年経ったと言う事で、雑感的記事を書かせて頂きたいな~と(笑)。お付き合い下されば幸いです。

 

 

◆2年間残業は0時間だった

父の見守り介護をしながら働くのに、優先したのは収入ではなく「残業がない」と言う事です。普通、面接で「当社は残業はほとんどありません」なんて言われても、何故か36協定は結ぶ(笑)…で、しばらくすると「今日はちょっと残業お願い出来るかな?」から、日常的残業の世界に入って行くわけですが…(苦笑)

 

いやいや…^^本当に2年間、1時間たりとも残業はありませんでした。これは、マンション管理人と言う仕事を選んで、本当に良かったところですね。

父がデーサービスから帰って来るのが、だいたい19時なので、仕事が終わって軽くお酒をひっかけて帰っても、19時前後に帰れます。(ありがたい)

スポンサーリンク

 

◆給料は超安いが、有ると無いでは大違い

これね、素直に50代現役世代の給料として見たら、涙がつーと頬を伝うぐらい低い所得です。でも、最初から家計の足しに少しでもなれば…と言う立ち位置で受け取ると、ありがたい。

 

遡れば、両親がW介護になり「介護退職」に追い込まれた時からのスタートです。

わたしは一人っ子なので、逃げ場なし!…^^;(困った)

その時に真っ先に頭に浮かぶのは、やらしい話し「お金」です。父のお金・母のお金・わたしのお金を全て一か所に集めました。

 

この時点で、わたし自身の貯金と言うものは無くなりました。収入は両親の年金だけですね。じりじり減っていく貯金に恐怖を感じましたね。

しばらくして、幸運にも母が順番待ちしていた特養(特別養護老人ホーム)に入れる事になりました。これがでかい!

 

母が完全寝たきりなので、わたしはどうしても家を離れる事が出来なかったんですね。でも父だけだと、父は認知症ではありますが、身体は動きます。

工夫すれば働ける…で、見つけたのがこのマンション管理人です。

 

50男の給料として見ると少ない給料でも、両親の年金+αの収入の位置づけになるとでかい!(笑)です。おかげで、このままなら破たんして生活保護かな?なんて思っていましたが、この2年で安定して、もう母の年金は全額直接施設に振り込まれるように変更しました。

◆この先は自分の将来に目を向けたい!

我家の貯金は増えませんが、減らなくなりました(笑)。ここでいったんOK!

介護をやっていて思うのは、「本心で、両親が死んでくれたらとは思っていないが、このままおれ自身の人生の全ては犠牲にできない」と言う、なんとも両立しない感情なんです。

 

わたし今年で55歳になります。あと5年介護すると60歳・10年すると65歳…自分の現役世代が終了しちゃいます^^;。しかし、いまこの状況ですから両親を何とか看終える事が出来ても、わたしは100%下流老人になるでしょう^^;(また困った)

 

と言うことで、この今後5年辺りは色んな可能性を追いかけて頑張ってみようかな!なんて思っております。いや~この記事、読み返すと100%プライベートな内容で、情報も無く失礼しておりますが、読んでくれた方、ありがとうございます。

 

では、またお会いしましょう^^/チャオ!

スポンサーリンク

 

osyobu-osyobu-3889.hatenadiary.jp

osyobu-osyobu-3889.hatenadiary.jp