おしょぶ~の~と

旧ブログ名「マンション管理人.com」2017.08改名

マンション管理人、理事会参加報告(初めての単独参加)

スポンサーリンク

f:id:masaru-masaru-3889:20160811091744j:plain

http://www.ashinari.com/

2016.08.11

(2016.12.08再編集、加筆・訂正)

 

どうも、おしょぶ~です。

先日、担当マンションの理事会に参加して来ました。

参加は2回目ですが、前回は前任者と引き継ぎ期間中で参加と言うより、ただ座っていたと言うのが正直なところです。

 

今回は管理人の立場で、発言もさせて頂きましたし参加したと言える会議でした。

【理事会とは】

マンションを購入しますと、自動的にそのマンションの管理組合に入ります。

管理組合が、マンションに関わる様々な事を対処していくわけですが、最高意思決定機関は管理組合総会です。

 

ただ、総会は通常年に一回ですので、ペースはそれぞれのマンションで様々ですが、例えば月一回とかで、理事による理事会を行って諸問題に対応していきます。

 

正直、管理組合の運営は各マンションにより、取り組み姿勢に温度差があります。もしあなたが中古マンションの購入を考えているなら、管理組合の活動が活発な物件がいいですよ。

 

自分がやる立場の時は邪魔くさいですが、長く住むなら全体的に管理意識が高い方が、資産価値の維持・防犯・防災・諸トラブル面において安心して暮らしていけます。

 

【実際の理事会】

理事会のレジメなど資料関係は、管理会社が用意をすることが多いでしょう。

意識の高い理事が、議題について自ら資料などを持ち込む事もあります。

 

会議の流れが、何かによって規定されていることはないので、各マンションによって違うでしょうが、大まか似たような事が行われています。

  • 予算の進捗報告
  • 議題について(今回は防災パンフレットの見直しでした)
  • 今日までに上がってきた、住民の意見・苦情
  • 管理会社側からの要望
  • 管理人からの報告事項
  • 次回の理事会の日取り

などです。

後は、管理会社で議事録を作成して参加者に署名捺印を頂き、原本は大切に保管します。他の住民の方にもコピーを配り、内容を報告します。

【今回参加してみて】

まだ担当マンションは、小さい方なので世帯数も50程と少な目ですが、それでも細かい住民の意見・要望・苦情が多岐に渡り上がってきます。

大型物件なら、かなり大変で重要な会議だなと感じました。

 

住民は管理人の事を見ていないようで、よく見ています。

誠実な仕事を心がけていかないと、自分にとって良い職場にはならないでしょう。

 

それでは今日はここまで^^/

 

※管理人が読む本はこちらから↓

 

マンション管理人の仕事とルールがよくわかる本

マンション管理人の仕事とルールがよくわかる本

 

 

 

目指せ!マンション管理員

目指せ!マンション管理員

 

 

 

マンション管理員検定 対策問題集

マンション管理員検定 対策問題集